チーム出塁率と得点数はリーグ最下位

 最後まで優勝、Aクラス争いが白熱した今年のパ・リーグにあって、5チームに大きく水をあけられての最下位に終わった日本ハム。投手では加藤貴之、野手では松本剛が大きく成績を伸ばしたものの、他球団と比べて戦力的に苦しい状況であることは間違いない。シーズン前に「優勝なんて目指さない」と話していた新庄剛志監督も、シーズン後には「優勝を目指せなかった」と語っている。【西尾典文/野球ライター】

 そんな新庄監督も来年は日本一に向けてぶれずに頑張っていくと発言。待望の新球場である「エスコンフィールド北海道」が開場するということもあり、期待の声も大きいが、オフのここまでの動きを見ていると、あらゆる点で不安が見えてくる。

 最も大きな痛手となるのが、近藤健介のFAによる退団だ。11月22日現在でまだ移籍が正式に決まったわけではないが、残留の可能性はほぼ消滅していると言える状況である。近藤は通算打率.307を誇るパ・リーグを代表するヒットメーカーで、毎年安定して4割以上の出塁率が期待できる稀有な存在である。日本ハムの今年のチーム打率はリーグ4位ながら、チーム出塁率と得点数はいずれもリーグ最下位で、そこから近藤が抜けるとなれば、さらに得点力が低下する可能性は高い。清宮幸太郎や万波中正、今川優馬ら、強打者タイプの選手が成長してきているものの、その穴を埋めるのは簡単ではないだろう。

積極的な補強に疑問の声も

 それでも来季は勝ちを求められるということで、日本ハムの編成は積極的な補強に動いている。11月19日にはFA宣言していた伏見寅威(前オリックス)の獲得を発表。トレードでも、阪神から右腕の斎藤友貴哉と、外野手の江越大賀を獲得している。

 一方、10月20日に行われたドラフト会議では、今年メジャーでもプレーしていた28歳の加藤豪将(メッツ傘下マイナー)を3位で指名して話題となった。昨年オフは、巨人を戦力外となり、12球団合同トライアウトに参加した古川侑利を育成契約で獲得しただけだったのを考えれば、球団としての意欲も感じられる。しかしながら、こうした補強に対しても疑問の声は少なくない。まず不可解だったのが加藤を3位という高い順位で指名したことだ。

「3位というのは正直、驚きましたね。メジャーでの実績はほとんどなく、外国人枠を使わなくても良いとはいえ、年齢を考えるとここから大きく化けることは期待しづらい。もっと下の順位でも指名できた可能性は高いと思います。過去にヤクルトが指名濃厚と言われていたマック鈴木を、オリックスが2位で指名したようなこともあるので、『念には念を』ということだったのでしょう。あとはメジャーを経験してきたことに対する敬意を示すということもあって、あまり低い順位では指名しづらかったということもありそうですよね」(セ・リーグ球団のスカウト)

 実際、加藤は2013年にヤンキースから2巡目という高い評価で指名されて、大きな話題となったが、メジャーデビューは9年目の今年と遅く、8試合の出場で1安打という成績に終わっている。

監督の意向が強く反映

 過去にメジャーを経験して“逆輸入”という形でドラフト指名を受けた選手はマック鈴木(2002年オリックス2巡目)、マイケル中村(04年日本ハム4巡目)、多田野数人(07年日本ハム大学生・社会人ドラフト1巡目)がいるが、彼ら3人と比べて、加藤の実績は乏しい。

 また、この3人の中でも大きな戦力となったのはマイケルだけで、そのマイケルも主力として十分な活躍を見せたのは3年間だけだった。こういった背景を考えても、加藤に対して過剰な期待をかけるのは“危険”と言えるだろう。

 そして、それ以上に気になるのが、新庄監督の編成への介入だ。加藤の指名に対しても新庄監督の要望があったと言われており、またドラフト会議後には「来年、勝負をかけている年なので、すぐに戦力となる選手を獲りたいとわがままを言わせてもらいました」と話していることからも、監督の意向が強く反映された指名だったことは間違いないだろう。

 ただ、日本ハムは、昨年は伊藤大海、今年は北山亘基と上川畑大悟が即戦力として活躍していながら苦しい結果に終わっており、ルーキーにそれを求めるのは酷である。日本ハムのスカウティングの変化については他球団も感じているところがあったようだ。

「即戦力が欲しかった」という印象

「以前までの日本ハムならチームの成績が低迷している年でも、浅野翔吾(高松商、巨人1位)や斉藤優汰(苫小牧中央、広島1位)のようなスケールのある高校生を狙ったと思います。実際、昨年も達孝太を1位指名していますからね。ましてや今年の高校生投手で、最初に指名された斉藤と2番目に指名された門別啓人(東海大札幌、阪神2位)はいずれも北海道の選手で、それを見送って大学生を上位で2人揃えたというのは、よほど即戦力が欲しかったんだなという印象です。清宮幸太郎や吉田輝星が期待通りに主力になっていないということもあるのかもしれませんね」(前出のセ・リーグ球団スカウト)

 日本ハムは「スカウティングと育成で勝つ」という方針を掲げており、主力選手の多くがポスティングシステムやFAで移籍しても常に上位を争ってきた。その裏には、強力なフロント主導のチーム編成が影響していた。

 ところが、昨年オフに新庄監督が就任してからは、現場の声が強く反映された編成に見えるのは確かである。果たして「日本一だけを目指す」と宣言した新庄監督の“意向通り”の編成で本当にチームは強さを取り戻すことができるのだろうか。

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部