埋められない「丸佳浩」、「鈴木誠也」の穴

 リーグ3連覇以降、4年連続でBクラスに沈んでいる広島。そんな低迷するチームを再建すべく、来季からは新井貴浩新監督が指揮を執ることとなった。新井監督は、地元広島の出身であり、25年ぶりの優勝を飾った2016年にはシーズンMVPに輝くなど、まさにチームの“レジェンド”と言える存在である。地元ファンからの人気も絶大で、5年ぶりの優勝を期待する声も多い。【西尾典文/野球ライター】

 しかし、冷静に現在のチームを見てみると、優勝争いに加わることは簡単ではない。2018年オフに丸佳浩がFAで巨人に、2021年オフに鈴木誠也がポスティングシステムでメジャーに移籍しており、その穴を埋められるメドはいまだに立っていない。

 これに加えて、気がかりなのが、リーグ3連覇を達成したメンバーの停滞だ。新井監督が最後にプレーした2018年のレギュラー選手の今シーズンの成績を本記事の末尾で一覧表にまとめている。ぜひご覧頂きたい。

 野手は菊池涼介、投手では大瀬良大地と九里亜蓮がそれなりの成績を残しているが、キャリアハイと比べると、寂しい数字となっており、力の衰えは隠せなくなっている。

 そして、他の選手は揃って大きく成績を落としており、年齢的なことを考えてもここから復活する可能性は低いだろう。丸、鈴木の移籍があったとはいえ、4年間であっという間にチームが変わってしまうことは驚きだ。

“世代交代”は急務だが……

 もちろん明るい材料がないわけではない。投手では、森下暢仁と栗林良吏が新たな柱となり、野手では西川龍馬や坂倉将吾、小園海斗らも成長を見せている。そんな中で新井監督に求められるのは“世代交代”の加速だ。来年は坂倉が捕手に専念することが報じられ、新たなチーム作りも見えてきている。

 その一方で、球団の体質が、新井監督の足を引っ張る可能性もあるようだ。他球団の編成担当は、以下のように分析している。

「広島は、元々ファミリー体質が強く、大幅に選手を入れ替えるようなことはあまりない球団です。金銭的な問題もありますが、FAで唯一他球団から選手を獲得していないのも特徴的ですよね。今年、(メジャー帰りの)秋山翔吾を獲得したのには驚きましたが、今後も活発にトレードするようなことは考えにくいですね」

 さらに、広島が抱える世代交代の難しさについて、こう続ける。

「そういう球団なので、(成績が振るわなくなった)“功労者”に対してもどんどん戦力外にするようなこともありません。今年の成績を考えれば、もっと自由契約にする選手が多くてもおかしくなかったと思いますが、オフで目立ったのは安部友裕くらいです。リーグ3連覇を達成した時のメンバーを残しておくとなると、二軍でも当然、若手の出場機会は減ることになります。そんな中で、世代交代をしようというのは簡単ではないと思いますね」(セ・リーグ球団編成担当者)

チーム再建には「たたき上げの主力」が必要

 昨年、ブレイクの兆しが見られた林昂汰は今年、二軍暮らしが続き一軍での出場はなかったほか、将来の正捕手候補として期待が大きかった中村奨成もポジションが固まらず、いまだにレギュラーを奪うことができていない。中村についてはプライベートでスキャンダルが報じられ、ファンからは「野球に集中していないのではないか」との厳しい批判が噴出した。

一方、投手をみても、近年ドラフトで指名した高校卒の選手が、ほとんど一軍の戦力になっていないのが現状だ。かつては“育成上手”と称賛された広島だったが、ここ数年は即戦力として期待された投手が踏ん張って何とかしているという印象だ。再び、強いチームに再建するためには、丸や鈴木のような「たたき上げの主力」が必要なことは明らかだろう。

 新井監督はその親しみやすいキャラクターもあって、選手時代から若手にも慕われてきたが、ともにチームを支えてきた選手たちに対して非情とも言える起用、采配をすることができるのだろうか。“功労者”に対する見極め、選別が最初の大きな仕事になりそうだ。

【広島、2018年レギュラー選手の今季成績】

<捕手>会沢翼:98試合 60安打3本塁打33打点0盗塁 打率.207
<一塁>松山竜平:88試合 33安打2本塁打23打点0盗塁 打率.217
<二塁>菊池涼介:123試合 121安打6本塁打45打点2盗塁 打率.262
<三塁>安部友裕:一軍出場なし(オフに引退)
<遊撃>田中広輔:41試合 8安打0本塁打1打点0盗塁 打率.200
<左翼>バティスタ:退団
<中堅>丸佳浩:退団
<右翼>鈴木誠也:退団

<先発>
大瀬良大地:23試合 8勝9敗0セーブ0ホールド 防御率4.72
ジョンソン:退団
岡田明丈:一軍出場なし
九里亜蓮:26試合 6勝9敗0セーブ0ホールド 防御率3.33
野村祐輔:9試合 2勝3敗0セーブ0ホールド 防御率5.23

<中継ぎ>
ジャクソン:退団
フランスア:3試合 0勝0敗0セーブ0ホールド 防御率8.10(オフに退団)
一岡竜司:10試合 1勝0敗0セーブ1ホールド 防御率2.08
今村猛:引退
アドゥワ誠:一軍出場なし

<抑え>
中崎翔太:28試合 2勝5敗0セーブ7ホールド 防御率6.46

西尾典文(にしお・のりふみ)
野球ライター。愛知県出身。1979年生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行う。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。

デイリー新潮編集部