英国滞在は約25時間

 急展開だった。キャサリン妃の腹部手術成功とチャールズ国王の前立腺肥大治療が発表されたのは英国時間1月17日のこと。病状について様々な憶測が飛び交うなか、チャールズ国王は26日から29日まで治療のために入院した。だが、退院から一週間後の2月5日夜、複数の検査で「がんの一種」が見つかり「定期的な治療」を開始したという衝撃的な事実が発表された。

 この重大事態にすぐさま反応したのは、メーガン妃とともに英王室を離脱し、現在は米国で暮らす次男のヘンリー王子である。一時帰国の意向があるという報道から数時間後には、ロサンゼルスの空港でその姿が目撃された。約11時間のフライトを経てロンドンのヒースロー空港に到着したのは英国時間6日の午後1時だ。

 ヘンリー王子はその足でチャールズ国王とカミラ王妃の公邸、クラレンス・ハウスに向かった。到着は午後2時45分。そこで父と久々の対面を果たしたが、滞在は約45分、会話は約30分だったという。チャールズ国王は午後3時35分にクラレンス・ハウスを離れ、ヘリコプターでノーフォーク州のサンドリンガム領に移動した。

 その後、ヘンリー王子はロンドンの高級ホテルで一泊したと報じられている。そして翌日の午後、ヒースロー空港からロサンゼルスに向けて飛び立った。約25時間という短い帰国の間、深刻な不和が報じられている兄のウィリアム皇太子とは対面していない。

滞在時間の短さは「問題ではない」

 王室批判でもおなじみになったヘンリー王子の突然で短い帰国。英国民の間には「父親の一大事に駆け付けるのは当たり前」という一般的な意見も多いが、王室専門家たちの見解は分かれている。

 王室評論家のリチャード・フィッツウィリアムズ氏は英紙「ザ・サン」に対し、今回の訪問は「(病状への)懸念と(闘病への)支持を表明するものであり、今後数週間あるいは数か月のうちに和解実現の可能性があることは疑いの余地がない」と肯定した。滞在時間の短さも「それは重要ではない。重要なのはハリーが来て、チャールズがハリーに(自身の)診断結果を伝えたことだ。彼が望んでいたのは支持を表明することであり、今回は全く新しい状況だ」と述べている。

 滞在期間の短さに理由があると推測したのは、ロイヤル・ホロウェイ大学経営学部のポーリン・マクラーン教授だ。マクラーン教授は英紙「デイリー・エクスプレス」に対し「もし長期の訪問になった場合、人々はチャールズ国王の病状の深刻さを心配し始めるだろう」と語った。

 英紙「タイムズ」によれば、まずチャールズ国王が自身の病状についてヘンリー王子に電話をかけていた。宮殿関係者は同紙に対し、チャールズ国王は前日の手術で疲れていたため、会談は約30分間になったと明かした。がんの公表がなければチャールズ国王が何らかの症状を抱えていたことは全く分からなかっただろうとも付け加えたという。

感情的だが悪気のない息子

 次は否定的な見方をみてみよう。王室記者のロバート・ジョブソン氏は英紙「デイリー・メール」への寄稿で、チャールズ国王がこの帰国に「感動した」のはおそらく事実としつつも、自身が耳にした現実は「もっと複雑で、より憂慮すべきものだった」と綴った。

 息子の到着を待つため、チャールズ国王がサンドリンガム領への移動時刻を遅らせたことは複数のメディアが報じている。だがジョブソン氏の主張によると、この時のチャールズ国王には「感情的だが悪気のない息子」に既成事実を作られたような状況への不満もあったという。

 ストレートに批判しているのは、有名伝記作家でメーガン妃に関する著作も持つトム・バウワー氏である。「デイリー・メール」のYouTubeチャンネルに出演したバウワー氏は一時帰国自体が理解できないようで「ロンドンへの着陸を許可され、その後にクラレンス・ハウスまで特別の護衛がついたことを本当に腹立たしく思っている」と述べた。

 また「実際のところ、君主制はヘンリー王子夫妻を私たちの階層から消し去ることにかかっている。彼らの継続は私たちにとって悪いことだからだ」とも訴えた。

 ヘンリー王子の伝記本を執筆し、近年はメーガン妃批判で知られる王室作家のアンジェラ・レヴィン氏も、「ザ・サン」に辛口コメントを寄せている。「ハリーは信用できない」と断じ、「ハリーは頻繁にやってくるかもしれない。彼の渡航はメーガン妃が管理者であることを忘れないでほしい。彼女の心の中では、渡航が彼らの人気を高める可能性があるからだ」と言い切った。

ウィリアム皇太子との和解はやはり困難か

「今回の一時帰国はパフォーマンスなのか?」という疑問は英国民の間にも存在する。「デイリー・メール」の電子版「メール・オンライン」のコメント欄には、「もうすぐ新しい本が出るのを期待」「彼らにとって今一番必要な行動は、ハリーと彼の秘密のテープレコーダーの訪問であることは間違いない」といった投稿もある。

 ヘンリー王子とメーガン妃によるストレスががんの原因とする声もあるようだが、テレビ番組で同様の意見を述べた著名人は「さすがに言いすぎ」「根拠がなさすぎる」と批判の的になっている。

 バッキンガム宮殿の声明には「憶測を避け、国民の理解に役立つことを期待し、陛下は診断結果の公表を選択した」とあるが、がんの具体的な部位は明かしていない。チャールズ国王の元広報官クリスティーナ・キリアク氏は英民放ITVの朝番組で「私個人としては、踏み込んでがんの種類を公表することは勧めなかっただろう」と述べた。提供する情報が多ければ多いほど、人々はそれについて調べ、推測合戦を始めるからだという。

 現時点での追加情報は、リシ・スナク英首相がSNSに投稿した「早期発見だった」という事実のみである。また、チャールズ国王は治療中もオフィスワークを中心に国家元首の仕事を継続する予定だ。早速7日には公式声明を発表し、英国からの独立50周年を迎えたグレナダに祝意を示した。

 父のがん公表、妻の手術と激しい波に襲われているウィリアム皇太子は、ヘンリー王子が米国へ戻った7日に公務を再開した。公の場で父と妻を気遣うメッセージについて感謝を述べた一方で、ヘンリー王子と会わなかったことは確定している。「ザ・サン」の王室担当編集者のマット・ウィルキンソン氏と王室専門誌「マジェスティ」編集長のイングリッド・スワード氏は、ヘンリー王子から謝罪の意や良心の呵責が示されなかったことが原因だと指摘した。

 ヘンリー王子とチャールズ国王の和解はあり得ても、ウィリアム皇太子とはやはり難しいという見方が現在の大勢のようだ。

デイリー新潮編集部