母親違いの次男VS三男で係争中

 韓国人にとって、金大中元大統領には、他の大統領とは異なる思い入れがあるという。韓国は、建国以来、ノーベル賞の受賞が1度。その貴重な1回が、金大中元大統領が2000年に受賞した「ノーベル平和賞」なのだ。北朝鮮の金正日国家主席と南北首脳会談を成功させたことが評価され、平和の使いとなった金大中・元大統領。しかし、2009年に金元大統領が亡くった後、このノーベル平和賞の賞金を巡って骨肉の争いが繰り広げられることになるとは、当人も想像だにしなかったであろう。

 ***

 金元大統領の遺産を巡って争っているのは、次男の金弘業氏と、三男の金弘傑氏。弘業氏は金大中平和センター理事長を務める人物で、弘傑氏は今年4月に初当選した、共に民主党の現役国会議員だ。ちなみに、同じく国会議員だった長男の金弘一氏は昨年4月、亡くなっている。

 次男と三男が争うことになったのは、昨年6月、金元大統領の妻・李姫鎬氏が亡くなったことがきっかけであった。

 在韓ジャーナリストによれば、

「金元大統領の妻・李姫鎬さんは、金元大統領の2番目の奥さんなんです。長男の弘一氏と次男の弘業氏は一番目の奥様の子ども、三男の弘傑氏が姫鎬さんのお子さんです。金元大統領は生前に生活していたソウル市の約30億ウォンともいわれる私邸と、ノーベル平和賞の賞金を遺産として妻である李姫鎬さんに遺していた。それらの財産が、昨年6月に奥様が亡くなったことで子どもに相続されることになり、争いに発展したというわけです」

 李姫鎬氏の死後、三男の弘傑氏が30億ウォンの私邸の不動産登記簿を自己の名義に変更。これに対し、金大中平和センター理事長の弘業氏が仮処分の申し立てを行い、今年4月、ついに訴訟に発展したのだという。

 一方、ノーベル平和賞の賞金は、受賞した当時の為替レートでおよそ11億ウォン。そのうち3億ウォンを延世大学の金大中図書館に寄贈し、残りの8億ウォンを運用して、毎年12月に、貧しい人たちへの義援金や国外の民主化運動の支援に充てられていた。しかし、

「この8億ウォンも李姫鎬さんが亡くなった後に行方不明になっている。姫鎬さんの死後、通帳と印鑑は弘業氏が管理するはずだったのですが、その前に、三男の弘傑氏が全額を引き出してしまったと言われています」

 一体、どうして兄弟間の争いに発展してしまったのか。

「そもそも、2017年のうちに、李姫鎬さんは自分の死後に備えて遺言書を残しているんです。その内容は、〈東橋洞の私邸を「大統領私邸記念館(仮称)」として遺し、ノーベル平和賞の賞金は大統領記念事業のための基金として使用する〉というもの。この遺言は、弁護士の立会いの下で3人の息子の同意を得て作成され、遺言執行の責任は金聖在・金大中平和センター常任理事に任せられた」

 しかし、そこには、三男の法定相続分という穴があったのだ。

賄賂を受け取ったカドで3人の息子が…

「韓国の法律では、父親の死去後、後妻に財産が相続された場合、父親と先妻との間の子どもの法定相続権は消滅してしまう。つまり、父親の財産を後妻が相続した後、後妻が死亡した場合には、後妻の子どもにのみ法定相続権が生じるのです。今回の場合、金元大統領が死亡し、後妻である李姫鎬さんが財産を相続。この時点で、先妻の子どもである長男と次男の法定相続権は消滅し、李姫鎬さんの死後、法定相続権は三男の弘傑氏のみに発生するのです。李姫鎬さんは遺言書を残しましたが、弘傑氏はこの法定相続権を言い分にして私邸やノーベル平和賞の賞金を掌握したのです」

 ノーベル平和賞の賞金が新たな争いを生み出すとは誠に皮肉な話だが、実はこの3兄弟、これまでもカネの醜聞が絶えなかったという。

「金大中元大統領の3人の息子は全員、賄賂を受け取ったカドで問題になったことがあるんです」

 これを韓国では、彼らの名前の頭文字を取って、“弘トリオ事件”と呼ぶのだそう。

「大統領の任期末期の2002年から任期直後の03年にかけて、3人の息子のあっせん収賄疑惑が相次いで発覚し、それぞれ逮捕されたんです。執行猶予付き判決などが言い渡されましたが、三男など利益供与を受けた額が36億ウォンにものぼり、父親が大統領だから特別扱いをされたんだと非難が沸き起こったのです」

 さらに、李姫鎬氏の死亡後にもこんな金銭トラブルが。

「姫鎬さんの追悼式が行われたのですが、その費用4500万ウォンが未払いとなり、協賛した企業などから費用を払うよう要望が出されたのです。結局、最終的には支払われたようですが、このときも背景には次男の弘業氏と三男の弘傑氏の押し付け合いがあったのではないかと囁かれているんです」

 たった1つのノーベル賞にまでケチがついてしまった。

週刊新潮WEB取材班

2020年6月9日 掲載