労働党機関紙が快哉を叫ぶ「重大な社会実験」

 中国政府は6月30日に香港国家安全維持法(国安法)を突然発表し、7月1日から本格的に実施した。この事態を欧米諸国とは別の角度から眺めるのが、他ならぬ北朝鮮。北は、中国が一国二元体制の香港をどのように吸収するのか、興味深く見守っている。今後、北が韓国を侵攻し、吸収するという野望を実現する際に、必ず経なければならない政治的課題だからだ。北で博士号を取得した北専門家によるリポート。

 ***

 思想や理念、価値観が異なり、自由奔放で扱いにくい香港人を中国化するため、どのような暴政が行われるのでしょうか。どのような抵抗に直面し、最後にどのような結末が用意されているのでしょうか。

 北朝鮮の立場で言えば、中国のおかげで、韓国赤化統一の経緯を実際に見聞できるということになります。だから当然、香港の今をすべて注視し、研究しているはずです。

 その根拠として、朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は7月2日という迅速なタイミングで、香港に関する2件の記事を出しました。「中国に対する圧迫攻勢は失敗を免れないだろう」「中国で香港特別行政区国家安全守護法の採択」です。香港と中国の国家安保のための中国人民の闘争を、全面的に支持する内容で一貫しています。

 筆者は北朝鮮時代、朝鮮労働党学校で働いていました。学校は、北朝鮮の中央と地方の党と愛国青年同盟の幹部を育成する党幹部養成機関です。同時に現職幹部を再教育し、将校除隊軍人の社会定着教育や、また韓国との赤化統一の一躍を担う次世代幹部を体系的に育成・教育しています。研究者もいます。

 そこでやっているのは、北朝鮮が韓国を武力統一ないしは吸収統一した時のことです。韓国国民を北朝鮮体制へ短時間でどのように同調・順応させ、“おとなしい羊”にするかという「南朝鮮住民の愚民化政策」。人間改造の可能性を追求していると言い換えられるでしょうか。5000万の韓国人はそれぞれ個性があり、抵抗意識と行動が一体化し、世界的に開かれた意識レベルを持っているだけでなく、個人中心主義が身に染み込んでいて、彼らに果たして北朝鮮式の思想改造、人間改造をしっかりできるのかという問題です。

 韓国の人々をどうやって、ひれ伏し、死を恐れず、素直でどんな苦痛にも黙々と耐えて、言われた通りに従う人間ロボットにするのか。もっともどれだけ多くを研究しても、実際に社会実験を行わない限り、研究結果の確信性と実践性は担保できません。そういった中、北朝鮮が求める重大な社会実験を、中国が香港で行っているのですから、北朝鮮が多大な関心を寄せないはずがないのです。

 では、北朝鮮は香港の事態を通じて、どのような点を確認したいのか。第1に、暴政に対する香港人の抵抗です。香港の人々は、155年は英国の自由民主体制で、その後23年は中国の「一国二元体制」で暮らしていたため、日本や韓国国民に劣らない自由民主主義の思想が身についています。彼らの思想と理念、価値観は中国人のそれとは完全に異なります。日本と北朝鮮の人々の頭の中が異なるようなものです。

韓国国民愚民化を準備

 彼らを人権の死角地帯でどう変えるのか。豊かではない、政府批判が難しく、グーグルも使うことができない不便さや、真夜中に情報機関に拘束されかねない身の危険を黙々と甘受して暮らす中国人を作るために、どのような方法を使うのか。まずは、人々を押さえつける恐怖と暴政でしょう。しかし、それが外部から人権弾圧に見えないように、“法治の仮面”で覆わなければなりません。そこで出てきたのが国安法です。

 香港で武力を行使し、流血鎮圧をためらうことなく行うため、国家保安という名分を掲げた悪法を作りました。香港保安法は、国家分裂、政権転覆、テロ行為、外国と結託した安保脅威の4つの犯罪を定義し、量刑を盛り込んでいます。違反者の最高刑は終身刑。議会の建物を占拠する行為には政権転覆罪で、「香港独立」の旗を掲げてデモに参加すると、国家分裂罪で処罰されます。香港住民だけではなく、香港に居住し、あるいは旅行する外国人も法の適用対象で、その意味でも実に奸計です。北朝鮮も赤化統一後、韓国国民の愚民化のため、最初にこのような形の国家保安法を準備しています。

 中国は香港に駐留する中国軍に戦時動員態勢令を下し、抵抗指導者のテロを想定した中国軍狙撃兵の訓練をテレビで放送し続け、また香港警察と中国から派遣された治安精鋭部隊を投入し、事実上、香港人の抵抗を初期段階で打ち砕こうとしています。しかし、香港人の抵抗は侮れません。彼らは「香港保安法は独裁政権から出た悪法であり、人権抹殺法だ。この法律に頑なに反対するのは、私たちを代表しない政府が作ったからだ」と叫んでいます。とは言え時間が経つにつれ、極度に孤立し、国家から攻撃され、内部で葛藤し、共産党の手練手管などに抵抗力が衰えて、鎮圧されることになるでしょう。

 さて第2は、暴政後に与えるニンジンの効果です。中国は香港人の抵抗を押さえつけたら、プロパガンダとニンジンを提示します。この分野で共産党は卓越した才能を持っています。少数の香港人に民族主義と愛国主義を吹き込み、過分な特権を与え、未来のために香港の中国化を称賛しなさいと焚きつけるでしょう。

 そして第3に、国際社会の反応と世論です。今は全世界がコロナパンデミックのため、近隣で繰り広げられる事態に関心を向けることが難しくなっています。そのため、中国はこの国際的な大混乱の時期に乗じて、これまで伸ばしに伸ばしてきた国安法を施行し、暴挙に打って出たのです。アメリカやイギリスは強く非難していますが、その他の国々は体面をつくろい、口をつぐんでいます。中国の強い「経済報復」が怖いのかもしれません。

米軍撤収で赤化統一は8合目越え

 北朝鮮は赤化統一や愚民化政策を通じ、韓国を奪い取ろうとするのか。韓国人は皆こう思うでしょう。韓国を飲み込むどころか存在すること自体が難しいのでは? と。ところが、「水に溺れて助けられた人が“風呂敷を出せ”と言う」との格言があります。助けて貰った恩を忘れてそれまで以上に図々しくなるという意ですが、今、韓国に助けられた北朝鮮がやっていることがまさにこれなのです。

 そのまま放っておけば北は自業自得で滅びていくのに、韓国は平和統一を声高に主張しながら彼らを助けようとあくせくしています。北朝鮮はひとまず今の危機を免れることができれば、チャンスが来るかもしれません。彼らには核という恐ろしい凶器があります。北朝鮮が核兵器を振りかざして、韓国内の葛藤を扇動し、親・北朝鮮政権を恐喝・脅迫してでも、米軍を韓国から撤収させさえすれば、赤化統一は8合目を越えたと言えるでしょう。

 国力で言うと、北朝鮮は韓国とは比べものにならないのに、彼らがそれを知らずに韓国を赤化統一するなんて非現実的だと考える読者もいるでしょう。そうです。その通りです。しかし、韓国がいかに豊かであっても、それだけで国を守り、国民の生命と財産、幸福を守ることはできません。そして、南北の平和統一は、単語こそ同じですが、北と南では考え方が全く違います。筆者は本当に平和を願っていますが、北朝鮮は赤化統一という落とし穴を掘り、その落とし穴の前に「平和統一」と書かれた美しい屏風を掲げて、韓国にここまで来るようにと手を振ることでしょう。だから厄介なのです。

 香港の現状がその可能性を示唆しています。北朝鮮の統治が韓国に拡張された時、すでに準備していた韓国保安法などを発令し、抵抗する個人と集団を中国にすらない政治犯収容所へ送って銃殺に明け暮れます。その後は先に触れた通り、巧みな政治教育プロパガンダとニンジンが待ち構えています。これに抵抗するのは並大抵のことではありません。

金興光(キム・フンガン)
北朝鮮の平壌金策工業総合大学電子工学卒業後、咸興共産大学で博士号を取得。2003年に韓国へ脱北し、2006年には韓国政府内の統一部北朝鮮離脱住民後援会課長を経て現在、(社)NK知識人連帯の代表を務めながら韓国内で対北専門家としてTV、新聞、YouTubeなどで活躍中。 http://www.youtube.com/c/NKtv3

週刊新潮WEB取材班編集

2020年7月7日 掲載