絶対にまともではない雲隠れ

 朝鮮中央通信は7月19日、朝鮮労働党中央軍事委員会の拡大会議などが18日に平壌で開かれ、金正恩党委員長が指導を行ったと報じている。およそ20日に1度、金正恩は動画や画像として姿を現すものの、はっきりとした消息が伝えられることがないまま、7月末には不在100日が経過しようとしている。過去に例がない“記録”を更新しつつある中で、今回の会議の中身と、分析ソフトによって明らかになったフェイクの実態を明らかにする。北で博士号を取得した専門家の分析。

「金正恩がまったく表に出てこないわけじゃないだろ。だからおかしいと勘繰る必要もないよ」――。そういった声が聞こえてこないわけではありません。ですが、本当にそうでしょうか。

 北朝鮮が動画を公開したとはいえ、そうでなかったら、100日となる日に国際社会は「金正恩はどこに行ったんだ!」と大騒ぎになるでしょう。中国は金正恩の生死を確認するため特使を送るかもしれません。

 金正恩の長期的な雲隠れは絶対にまともだとは言えません。神秘性を高めるためとか、こっそりSLBMを開発しているとか、そういった考え方ができなくはないものの、動画や写真で登場する頻度が一定ではなく、日にちの間隔が大きすぎることに違和感を抱いてしまいます。

 また、今回の党第7期5次全体会議で討議された内容を聞いてみると、自分たちだけで静かにやれば事足りるレベルのものです。にもかかわらず、写真を撮って動画を作りマスコミへ大々的に報道する理由は何なのかという疑問は拭えません。

 北朝鮮は通常、幹部や住民、そして国際社会に知らしめる新政策や路線変更があるとき、最高指導者主催の会議を行ってきました。金正恩が雲隠れした4月からは、党中央軍事委員会、政治会議、政治局拡大会議などにおいて、金正恩は健在であり、政権は統制されているというアピールが節操なく、度を越して繰り返されているのです。

 今回の全体会議とは一体どんなものだったのでしょうか?

金与正、金正哲に政権移譲が進むか

 軍首脳部の中で数人の将軍がクビになり、新たな人事が行われました。普通に考えれば、軍部内で問題が発生し、これに対して問責を受けたと見なしうるものです。

 しかし、別の角度からみれば、不在の兄・金正恩に代わって金与正が、自分の腹心を軍首脳部に送り込むための手続きであったとも捉えられます。

 あるいは金正恩の兄の金正哲は、エリック・クラプトン好きとして知られ、呑気にギターを弾いて過ごしてきたわけですが、少し前に中央党組織指導部入りを果たしています。現在、保衛省、安全省、検察、裁判などを管轄する行政指導部を掌握した金正哲が、自分に有利な部下を要職に就ける手続きではないかとも言われています。

 さて、ここから触れるのは、金正恩の動画に捏造の痕跡が発見されたということです。過去にもこの件について言及してきましたが、今回はパッと見ただけでは、大きく変わったところはないように思えます。裏返せば、それだけフェイク動画作成に注力したと言えるでしょう。

 具体的には、全体3分34秒の動画を構成している要素を6040枚の静止画として切り出し、フォトショップで検証し、目に留まった不可解な点を見つけました。

 元ソースは4Kで撮影されています。配信版はこれを4・5倍に圧縮したもので劣化はあるものの、隣にいる人の顔に特に不審な点はありません。しかし、金正恩の顔だけは粗くて歪んでいるのです。

 奇妙な点は以下の通りです。

1.場面ごとに顔が変わり、別人のように映る
2.歯並びに手が加えられるなど、口元に過度な処理が確認できる
3.顏全般にわたりブラシの痕跡がある
4.特に怒った時の表情が、明らかに本人のものと違う
5.マイク周辺で、唇のピクセルが滲む

 一部の専門家は、映像を圧縮する過程で歪む現象が出ると言いますが、それは鵜呑みにはできません。映像に偽者が登場し、これを実物に近づけるべく、無理な修正を重ねたと見る方が自然です。

金興光(キム・フンガン)
北朝鮮の平壌金策工業総合大学電子工学卒業後、咸興共産大学で博士号を取得。2003年に韓国へ脱北し、2006年には韓国政府内の統一部北朝鮮離脱住民後援会課長を経て現在、(社)NK知識人連帯の代表を務めながら韓国内で対北専門家としてTV、新聞、YouTubeなどで活躍中。http://www.youtube.com/c/NKtv3

週刊新潮WEB取材班編集

2020年7月22日 掲載