12年間を朝鮮学校で過ごした「私」が指摘する闇

「高校無償化」制度の対象から朝鮮学校を外したのは違法だとして、愛知朝鮮中高級学校の卒業生が国を相手に損害賠償を求めた訴訟。最高裁第2小法廷は9月2日付で、卒業生側の上告を退ける決定をした。1審は「朝鮮総連や傘下団体の介入により、学校運営が『不当な支配』を受けている合理的な疑いがあった」と指摘、2審もこの判断を支持していた。最高裁が同様の判断をするのは、東京、大阪で提起された裁判に続き、3例目だ。小中高の12年間を朝鮮学校で過ごした「私」が明かす、朝鮮学校の背後に横たわる闇について。

 従来、韓国は朝鮮学校を差別し朝鮮学校出身の者が訪韓しようものならスパイ容疑で逮捕していた。それは90年代に入っても続いていた。

 そういう差別を受けたことを知らない世代の通う朝鮮学校は、慰安婦問題で注目を浴びる韓国の正義連の金福童(キン・ボットン)奨学金をもらっている。

 正義連には、慰安婦支援を掲げて集まったお金の使途が不明だという疑惑がつきまとっているが、その一つが金福童奨学金である。

 90年代には見向きもしなかったはずの朝鮮学校を取り込もうとする正義連(旧挺対協)と朝鮮総連の繋がりを思わせる一件だ。

 奨学金は2016年に始まって、18年に京都朝鮮学校の生徒が初めて受け取っている。一連の裁判開始のタイミングを考えれば、正義連による“意図を持った擦り寄り”と言われても仕方あるまい。

 その一方で韓国の日本大使館前では、関係のない韓国人が日本の朝鮮学校の授業料無償化を訴えるデモまで行ったりしている。

 そこには、朝鮮学校までも市民運動ビジネスに利用しようとしている姿が見え隠れするのだ。

 1983年に高校を卒業した私の記憶を辿ると、朝鮮総連は学校運営に関して、補助金や助成金すら日本に頼ることを良しとせず、北朝鮮の援助と在日同胞の寄付金のみで運営していた。事実、そのように豪語していた。

「小泉訪朝」を機に朝鮮総連の崩壊が始まった

 ただこれは後になって分かることだが、70〜80年代にはもう北朝鮮に日本の在日を援助する力はなくなっていた。

 高校時代、数ヶ月に1度、北朝鮮からの援助だという奨学金の金額を生徒会がポスターにして全校生徒に知らせていた。しかしそれも、朝鮮総連と朝鮮学校が作り出したウソだったのだ。

 2002年、平壌で小泉純一郎首相が金正日に会い、拉致事件を認めさせたときから朝鮮総連の崩壊は始まっている。

 これを機に在日は、それまで抜けるに抜けられなかった朝鮮総連から、蜘蛛の子を散らすように離れていった。

 朝鮮学校は幼稚園から大学まであり、80年代には全国で120校あまりあったと記憶している。それが拉致認定後の2016年以降は45校に減っている。

 当然、拉致を認めた後の朝鮮総連には人も寄付金も集まらなかったし、朝鮮学校に子息を通わせていた親たちの心も離れていった。

 それでもなお通わせ続ける親たちはこの授業料無償化に関して、朝鮮総連の行いを正す腹づもりはない。「個々の権利」として主張をしているのだ。

 裁判になると必ず現れる学生たちは、そういった経緯を知っているのか?

 私が通っていた頃は、中学生以上の生徒は数ヶ月に一度、強制的にデモに参加させられていた。

 正直に言うと、中学生の頃に参加したデモでは、訴える内容の正当性など知るよしもない。ただ言われたとおりに叫ぶだけの1日だった。

 高校生になると、デモの不当性を感じながらもやむをえず参加していたことを思い出す。デモに出ないと学校内での評価が下がるからだ。

 裁判のニュースで最前列に立ち涙ながらに訴える生徒たち。

 子供の無垢さに乗じる学校の体質を知っている私からしたら、裏で糸を引く大人(朝鮮総連)たちの顔をつい想像してしまう。

日本語使用はつるし上げ、教育は「反日、反米、反韓」

 私が高校生の頃は、校内で朝鮮語以外の言葉(日本語)を使ってはならなかった。帰りのホームルームでは、日本語を使った違反者は密告者に告発され、つるし上げられた。これを「批判時間」といった。

 数学、理科、国語、英語は日本と同じような授業だが、朝鮮史と革命歴史は今思い出しても笑ってしまう。朝鮮史では朝鮮半島の歴史を習い、そこには当然反日、反米、反韓の思想が含まれていた。

 革命歴史では金日成の伝説を教わる。最初に教わったのは、チュチェ思想の土台と云われるマルクス、レーニン思想だったのを今でも覚えている。

 小学1年生の革命歴史で、マルクス、レーニンが何かも知らぬまま、詰め込み教育を受けていた。4年生になってマルクスとレーニンが人の名前だと知った。

 6年生になって初めて、マルクスとレーニンは2人の人物の名前だと知ったのだ。

 革命歴史の授業ではこんなことも教えられた。「金日成は幼少時、松の木に登り虹をつかまえようとした。それは朝鮮半島の独立をつかむ行為だと解釈されている」と。

そのことを先日、脱北者に話したところ、非常に驚いていた。なぜか?

 脱北者と話を続ければ続けるほど、北朝鮮での教育と日本の朝鮮学校の教育は寸分違わぬことを確信した。

 互いに「よくあんなバカげた伝説を習ったものだ」と爆笑し合った。そのバカげた革命歴史こそが反日、反米、反韓教育の元となっているのだ。

北への仕送りは朝鮮総連を通してせざるを得ないため

 現在、朝鮮総連に籍を置く在日の多くは、北朝鮮への帰国事業のとき、家族や親戚が帰国してしまった家族だという。

 かくいう私の叔父も71年頃、朝鮮大学で選抜されて、自分の意思とは関係なく北朝鮮に帰国してしまった。帰国したといっても、北朝鮮に本籍があるわけではないことを追記しておく。

 叔父は帰国後、北朝鮮で大学を卒業し、白頭山麓に農村のリーダーとして送られた。それを知った時からわが家の寄付地獄が始まった。叔父を平壌に住まわせるために寄付をし、かなりの物品を万景峰号に載せて送ったのだ。

 そのかいあって叔父は今、平壌で孫に囲まれる幸せな生活を送っているが、わが家はいまだに仕送りを続けている。仕送りは朝鮮総連を通してせざるを得ないため、在日は苦渋の選択で朝鮮総連に籍を置いているのだ。

 彼らは一体、何を信じて裁判まで起こしているのか。

 金正日が拉致を認めたことで北朝鮮と朝鮮総連を見限った在日は、日本で普通に暮らすことを選んだ。もう朝鮮総連のウソ、民族教育のウソに振り回されたくないというのが本心だろう。

 では、朝鮮総連に踏みとどまっている人たちはどうだろうか。朝鮮籍、韓国籍であれば、母国語を習うのは悪いことではない。

 だが、21世紀の今、民族教育を受けるのがどういうことなのか、冷静に判断してほしい。

北朝鮮、朝鮮総連の呪縛から解き放たれた民族教育であれば

 私も母国語を学べたことには感謝している。また、たくましい精神を育ててくれたことも。しかし、時代はもう変わっている。

 本当に朝鮮学校の授業料無償化を願うのなら、朝鮮総連から独立し、親たちだけの支援で運営してほしいと思う。実際、70〜80年代には、親たちの支援で運営されていたのだから。

 北朝鮮、朝鮮総連の呪縛から解き放たれた民族教育であれば、周囲の理解を得られるし、通っている生徒も幸せになれるはずだ。

いまだに朝鮮総連に縛られ、幾多の活動に駆り出される学校運営に、無償化という手を差し伸べるのは、常識的に無理がある。

 金福童奨学金を受け取ることで、正義連と朝鮮総連とのつながりができること。それがどういう意味を持つのか。いささか酷な言い方かもしれないけれど、生徒たちもそれを考えてみるべきだろう。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年9月6日 掲載