バイデン氏が「靖国参拝に反対する」と分析して喜ぶばかりの韓国メディア

 第46代米大統領選挙で当確となった民主党のジョー・バイデン氏に世界各国から祝辞と期待のメッセージが送られる中、韓国メディアは過去のバイデン氏の靖国神社参拝に対する発言に注目している。

 2013年12月、安倍晋三首相が靖国神社を参拝したのを受け、米副大統領だったバイデン氏は国務省を通じてこれを非難する声明を発表。

 とりわけ、同声明に「失望(Disappointed)」の文言を入れるよう指示したことが明らかになった。

 バイデン氏はソウルで朴槿恵(パク・クネ)前大統領と会って日韓関係改善策について議論を行い、韓国政府が靖国神社参拝に対して外交的に不快と受け止めている事実を把握し、安倍首相と電話会談を進め、「靖国参拝をしてはならぬ」と自制するように要請した。

 それにも関わらず、安倍首相は靖国神社参拝を強行したことでバイデン氏も不快感を示し、このことがオバマ前大統領の訪日予定にも悪影響を与えかねないという報道が乱立したことがある。

 韓国メディアは当時の「失望」発言を顧みて、日韓関係に深く介入しようとするバイデン氏がこれまで通り「日本の靖国神社参拝に反対するだろう」と分析している。

 ところがバイデン氏は「失望」発言以降、日本政府の靖国参拝に言及していない。

 むしろ2014年4月、オバマ大統領の訪日会談は成功裏に終了し、2016年9月には国連総会出席のためニューヨークを訪問した安倍首相がバイデン氏と国連本部で会談し、両者は「日米同盟をさらに強化する必要がある」ということで意見が一致していた。

文大統領が想いを寄せる金正恩についてバイデンは「暴君」と表現

 韓国メディアによるバイデン氏の「失望」発言の真意についての分析では、もしも菅官邸が安倍氏と同様に靖国神社参拝に固執する場合、今後の日米関係の悪化もあるだろうというものだった(実際、菅氏がそれに固執する可能性はほぼないのだが)。

 文在寅大統領が「破棄」を宣言して自身の「支持率上昇」に利用した2015年12月28日の「日韓慰安婦問題合意」。

 米政府が日本と韓国を仲裁し、当時のオバマ大統領は、この合意について「安倍首相の勇気と決断を支持する」、「正義の結果を得た朴槿恵大統領」と評価した。

 オバマは中韓の反対にも関わらず、日本政府の「集団的自衛権の行使」を積極的に支持し、韓国では親・文在寅政党である共に民主党が「日本が再び戦争ができる国になった」、「日本に再武装を認めたオバマ大統領に抗議する」などと激しく反発したが、残念ながら米国には響かなかった。

 また文大統領のラブコールに対して、ミサイル発射、核実験、韓国の公務員殺害といった一連の極悪非道な蛮行で返答する北朝鮮の金正恩をバイデン氏は選挙期間中、「独裁者」「暴君」と表現。

 北朝鮮に対し、「私は原則に則った外交を行い、非核化した北朝鮮と統一した朝鮮半島を作り上げる」と言及した。

 北朝鮮は昨年11月、朝鮮中央通信の論評を通じてバイデン氏に対し「バイデンのような狂犬を放置しておいては人々に危害を与える恐れがある。そうなる前に棒で叩き殺さなければならない」とし、「政権欲に狂った老人」とバイデン氏を挑発した。

 金正恩らしい言葉の選択であり、それを聞いて焦る表情の文在寅大統領がまず思い浮かぶのはなぜだろか。

韓国政府・メディアの根強い「靖国参拝」アレルギー

 韓国政府とメディアは、バイデン氏の無意味な「失望」発言を蒸し返すほどに靖国神社参拝が気に障る模様だ。

「反日」の恩恵を受けている文在寅大統領は、これを利用しない手はないのだろう。

 一自民党政治家に戻った安倍前首相は、依然として韓国で注目されており、退任後の靖国神社参拝について韓国メディアは痛烈に非難している。

 その一方、先月17日、菅義偉首相が靖国神社に真榊を寄進したことに対し、韓国外交部は「日本の過去の侵略戦争を美化して戦争犯罪者を合祀した靖国神社に日本政府と国会議員らが、再び真榊を奉納したことは遺憾だ」と発表した。

 さらには、李洛淵(イ・ナギョン)共に民主党代表は日韓議員連盟幹事長の河村建夫元官房長官と非公開会談を行い、菅首相の真榊の奉納について抗議したという。

 ところが、靖国神社参拝が韓国政府の指摘通り、「侵略戦争の美化」や「戦争犯罪者の合祀」の問題につながるのであれば、安倍前首相や真榊だけを奉納した菅首相ではなく、強く抗議しなければならない人物が他にいるはずだ。

 他ならぬ金正恩だ。

朝鮮戦争で敵となった中国を持ち上げた金正恩に何も言えない文大統領

 10月22日、金正恩は中国の朝鮮戦争参戦70周年を記念し、平安南道に位置する「中国人民志願軍墓地」を参拝。

 北朝鮮労働新聞は「中国人民志願軍の関係者に崇高な敬意を表した」と伝えている。

 1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争で当初は劣勢だった韓国軍は、連合軍の参戦によって北進して平壌を占領。朝鮮半島統一への最終決戦を目前にしていた。

 しかし、10月から30万人以上の中国人民志願軍が参戦して大空襲が始まった結果、連合軍は再び南下し、現在の領土が分断された形で休戦することになった。

 中国軍は韓国軍や連合軍兵士を殺害した敵であり、現在も朝鮮半島統一を阻止している元凶だ。

 中国人民志願軍に対する「烈士」という美化を込めた呼称と墓地参拝こそ、日本の「侵略戦争の美化」と「戦争犯罪者の合祀」よりも非難されるべきではないのか。

 バイデン氏は、今年5月のメモリアル・デーに、朝鮮戦争参戦米軍勇士の記念碑に献花を行った。

 彼は大統領当確直後、「韓国戦争期間中に戦死した米兵は3万6574人だった」とし、「米国と韓国は血で結ばれた同盟だ」と述べ、これまで朝鮮戦争に参戦した米兵を記憶し、尊敬してきた。

 朝鮮戦争当時に米兵を殺害し、韓国の戦勝と朝鮮半島統一を阻害した中国人民志願軍墓地に参拝し、彼らに「烈士」というありえない呼称をつけた金正恩。

 韓国メディアも、そんな彼に「遺憾」のひと言も言えない文在寅大統領を心配した方がいいのではないか。バイデン氏の「失望」というひと言で日米関係が悪化することに注目するよりも。

週刊新潮WEB取材班

2020年11月10日 掲載