2〜3年の専属契約が勝負

 日本人メンバーが所属する韓流アイドルグループ「NiziU」がデビュー初年の今年、紅白出場を決めた。過去に活躍したK-POPグループの栄枯盛衰を探ってみた。

 ***

 韓国は1990年代、日本のJ-POPを模倣して大衆文化市場を作り上げ、大手芸能事務所が数多のアイドルグループを量産して行った。

 高い競争率のオーディションで選ばれた10代の若い世代が、厳しい合宿訓練を経てデビュー、華麗なダンスや歌、さらには容貌も優れたアイドルは大きな成功を収めるわけだが、その寿命は長くても10年程度である。

 アイドル達は当初、2〜3年の専属契約を所属事務所と結ぶ。

 しかし更新されずに活動を中断するか、事務所を去る例も多い。

 10代後半から20代前半でデビューすると、20代後半か30代前半までには独立しなければならないことになる。

 ソロデビューするか、俳優やミュージカルなどに活路を見出し、一部はアイドル時代より大きな成功を収める一方で、アイドル出身の無名芸能人として芸能界を転々とし、麻薬や犯罪スキャンダルの当事者となる例も少なくない。

 幼い頃から学業や就職を断念してひたすらダンスと歌に明け暮れて成長するアイドルたち。

 彼ら・彼女らのその後の人生を追ってみた。

BoAは株富豪に

 今年でデビュー20周年を迎えた韓流スターの「BoA」(本名クォン・ボア、34)は、最も成功したアイドルの1人だ。

 2001年に14歳の若さで日本デビューし、初のデビューシングル「ID;Peace B」をリリース後、韓国人歌手として初めてオリコンチャート1位を獲得し、数百万枚のアルバムを売り上げた韓流スターの元祖である。

 韓国と日本に続いて米国でもデビュー、韓国を代表する芸能事務所のSMエンターテインメントを成功に導いた。

 BoAは2010年代前半までソロアイドル歌手として活躍した後、活動エリアを広げていく。

 2015年にリリースしたデビュー15周年記念アルバム「Kiss My Lips」では全曲の作詞・作曲を手がけ、プロデューサーとしても頭角を現し、またRed Velvetやf(X)など所属事務所の後輩アイドルグループの育成にも力を貸した。

 日本で成功した功労から、2014年、28歳の若さで時価総額1兆ウォン(約960億円)の上場会社SMエンターテインメントの役員となり、実業家としても活躍している。

 大手芸能事務所の幹部となった歌手BoAは、後輩から「クォン理事」と呼ばれているという。

 保有するSMエンターテインメントの時価総額は数百億ウォンに達し、不動産なども含めた総資産は1000億ウォンに達するとみられている。

“芸能人財閥”の東方神起「ジュンス」

 2004年、5人組アイドルグループ「東方神起」のメインボーカルとしてデビューしたジュンス(本名キム・ジュンス、33)は、現在、歌手兼ミュージカル俳優として活躍中だ。

 2005年に日本でデビューシングル「HUG」をリリースした東方神起だが、2008年になって、16枚目のシングル「Purple Line」がオリコンウィークリーチャートで1位を獲得、成功への道を歩きはじめた。

 ジュンスは2012年、「XIA」の名でソロデビューし、日本で行ったツアーコンサートで7万人のファンを動員、実力派アーティストとして認知された。

 2010年には、東方神起のメンバーだったパク・ユチョン(ミッキー・ユチョン)やキム・ジェジュン(ヒーロー・ジェジュン)と共に、SMエンターテインメントからC-JeSエンターテインメントに移籍、JYJのグループ名で活動し、また優れた歌唱力からミュージカル俳優としての存在感も高めた。

 123階建てロッテワールドタワーに所有する50億ウォン台のマンションを芸能番組で公開したほか、5億ウォン相当のベンツをはじめ数億ウォン台の外国車を趣味として集めるなど、“芸能人財閥”なる名で認知されているジュンスの資産は約300〜400億ウォンとみられている。

芸能界引退に追い込まれたパク・ユチョン

 東方神起のメンバーとしてデビューしたミッキー・ユチョン(本名パク・ユチョン、34)は、ジュンスと同様、成功街道を進むと思われたが、韓国芸能界から追放されてしまった。

 甘いマスクと高身長、優れた歌とダンスに加えて、高い演技力から数本のドラマで主演、歌手兼俳優として活躍したパク・ユチョンだったが、ガールズグループメンバーとの不適切な関係やセクハラ問題などが浮上した。

 さらに2016年、兵役に類する「社会服務要員」として勤務していた当時、江南(カンナム)の高級風俗店の従業員から暴行容疑で訴えられる。

 計4件の容疑に問われたものの、いずれも嫌疑なしと判定されたが、芸能人としてのイメージは失墜。2019年には財閥の孫娘と関わった麻薬スキャンダルで拘束された。

 引退を余儀なくされたユチョンは、海外に活動の場を求めて、再起を図っている。

宣教師の妻、3人の母親に

「NiziU」や「TWICE」などが輩出した韓国3大芸能事務所のJYPエンターテインメントの元祖ガールズグループが「ワンダーガールズ」だ。

 リーダーのソネはJYPエンターテインメントを設立したシンガーソングライターのパク・ジニョンが6年かけて育て、2007年2月、シングル「The Wonder Begins」でデビューした。

 ワンダーガールズは日本と米国に進出して各賞を授賞、ガールズグループの成功神話を書き換えたが、ソネは2013年1月、5歳年上のカナダ国籍の宣教師と出会い結婚、芸能界から引退すると宣言した。

 24歳の若い女性アイドルの結婚発表だけでも衝撃的だったが、当時、JYPとの契約期間が1年余り残っていたグループのリーダーであるソネの活動中断で、ワンダーガールズ自体の活動が不透明になり、ファンは大きな衝撃を受けることになる。

 ワンダーガールズは、ソネの脱退後、数回のメンバー交替を経て17年に解散した。

 ソネは3人の母親となった現在、バラエティー番組に出演するが、かつてのファンから「ワンダーガールズを破壊した主犯」として、批判に晒されることも少なくない。

 ガールズグループ「少女時代」やデビュー15年目の「ビッグバン」など、デビューから10年を越えたアイドルグループのメンバーは、独り立ちを目指してソロ活動や俳優業、事業など活動領域を広げている。

 賭博に麻薬、そして女性問題に関係した「ビッグバン」のスンリや麻薬輸入疑惑で摘発された「2NE1」のパク・ボムのようなスキャンダルを理由に芸能界引退を余儀なくされる例がある一方、「少女時代」のジェシカのように一般人と結婚するなどして引退したアイドルもいる。

 無名時代にチームを脱退し、アルバイトを転々とする元アイドルがテレビに取り上げられることもある。

「あの人は今」の世界である。

 アイドルグループの寿命は短く、メンバー本人の実力と運がなければ、長期的な活動は難しい。

 成功か奈落か、そんな極端な構造になっている。

週刊新潮WEB取材班

2020年12月17日 掲載