どんなにすげなくされても、菅義偉首相に纏わりつく文在寅(ムン・ジェイン)大統領。その心の内を韓国観察者の鈴置高史氏が読み解く。

 ***

G7が不発なら東京五輪で

――韓国の大統領の行動が異様です。

鈴置:菅義偉首相へのストーカーですね。6月11日から13日まで英国で開かれたG7サミット(主要7カ国首脳会議)。韓国政府はこの場を利用して日韓首脳会談を開こうと画策。それを日本に断られたら「略式会談でいいから」と粘った。

 文在寅大統領は会議場と夕食会のパーティで2度にわたって菅義偉首相に話しかけた。しかし、菅義偉首相は挨拶しただけで深入りせず、文在寅大統領から離れた。大統領は「立ち話」を手がかりに「会談」に持ち込むつもりだったのかもしれませんが、スルリと逃げられてしまったのです。

 韓国政府は東京五輪に合わせた大統領の訪日も目論んでいます。読売新聞が6月15日、「文在寅氏の五輪中来日で調整…韓国側は首脳会談を希望、日本側は慎重姿勢」で報じました。

 同日、読売報道に関し聞かれた韓国外交部の報道官は「現在、言及する事項はない」と答えています。聯合ニュースの「文大統領が五輪に合わせ訪日か 『言及する事項ない』=韓国政府」(6月15日、日本語版)などが伝えました。

 もし、韓国政府が大統領訪日をまったく計画していないのなら、頭から否定するはずです。日本が首脳会談に応じれば、五輪に合わせ訪日するつもりと思われます。

 6月17日にも、匿名の青瓦台(大統領府)高官が韓国記者団に対し、G7サミットで日韓首脳会談が実現しなかったことについて「残念だ。今後も韓日関係改善と未来志向の発展のために開かれた姿勢で日本側と対話・協議を続けていく」と述べました。

 韓国メディアが一斉に報じました。韓国人から「日本ごときに未練がましい」と反発が出ないか、こちらの方が心配になります。

監獄逃れにはノーベル賞

――なぜ、それほどに日韓首脳会談をしたがるのでしょうか。

鈴置:身の安泰が目的です。文在寅氏は何か大きな実績を残さないと、2022年5月に大統領を退いた後、刑務所行きとなる可能性が高い。

 李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)という保守の元・前職の大統領を文在寅政権は起訴しました。2人は今も収監中です。保守政権当時の最高裁長官や官僚らも多くが牢屋に入っています。

 来年3月の選挙で保守が政権を取り返せば、あるいは左派でも文在寅氏と関係の悪い李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事が大統領になれば、文在寅氏とその取り巻きへの報復が始まると韓国では見られています。

 韓国の多くの大統領が退任後に収監されています。なお、子息は刑務所に送られたものの、本人は免れた大統領が2人います。金泳三(キム・ヨンサム)氏と金大中(キム・デジュン)氏です。

 金泳三氏が起訴・収監を免れたのは後任の金大中氏の弱みを握っていたからとされます。金大中氏はノーベル平和賞を受賞したからと見られています。韓国政治は報復の繰り返し。それでも、韓国初のノーベル賞受賞者は監獄に送れなかったのです。

――日本の首相と会えば「ノーベル賞級の実績」になるのでしょうか。

鈴置:もちろん、それだけではなりません。狙いは金正恩(キム・ジョンウン)総書記です。東京五輪を理由に金正恩総書記が訪日し、日米と和解劇を繰り広げる可能性がある、と韓国政府は見ている。

 文在寅政権としては何とかしてその場に参加し、自分が仕切ったかのように見せて「ノーベル賞級の実績」としたい。そのためにまず、菅義偉首相との関係を改善せねばならないのです。退任後がかかっているだけに、藁をもつかむ思いでしょう。

「ブラック・スワン」が怖い

――「金正恩訪日」なんてあり得ますか?

鈴置:北朝鮮は東京五輪に参加しないとIOC(国際オリンピック委員会)に通告済みです。参加に転じたうえ、金正恩総書記がわざわざ訪日する可能性は限りなく低い。

 しかし、文在寅政権にとってそれは「ブラック・スワン」――起こる可能性は低いものの、もし起きたら大惨事――なのです。

 案件の性格上、大声では表明しませんが菅義偉首相は拉致問題の解決に意欲的です。首相に就任するや真っ先に訪問したのは、北朝鮮と関係の深いベトナムとインドネシア。両国を通じ、金正恩総書記に拉致問題の解決を呼びかけたと見られています。

 これに対し北朝鮮もメディアを通じ、日本との関係改善を匂わすサインを送ってきた(「韓国は『アグレマン』前に駐日大使を発表した 『北朝鮮一点買い』で延命図る文在寅」参照)。

 日本が北朝鮮と関係を改善する時は、もちろん米国と歩調を合わせます。ただ、妨害に動くであろう韓国には黙って進めるのが常道です。

 朝鮮半島の地殻変動をもたらす外交交渉に韓国が主要プレーヤーとして参加できなければ、文在寅政権は「ノーベル賞がもらえない」どころではありません。「国民に大恥をかかせた売国奴政権」と認定され、監獄行きの可能性がさらに増します。

 日本を罵倒し続けてきた文在寅政権が昨年11月、突然に態度を変え、菅政権にすり寄り始めたのも、外交戦に首を突っ込むためです。まずは北朝鮮との秘密交渉を担当する国家情報院の朴智元(パク・チウォン)院長を日本に送りました。

 朴智元院長は菅義偉首相に「東京五輪の際に、日米南北の首脳が集まって拉致、非核化などの懸案を協議しようと提案した」と韓国紙は報じています(「蚊帳の外から文在寅が菅首相に揉み手 バイデン登場で“不実外交”のツケを払うはめに」参照)。

 文在寅大統領は「菅ごときに頭を下げるのは屈辱」と大いに不満でしょうが蚊帳の外にいる以上、何としてもその中に入り込んで、自分も外交ゲームに参加しているフリをせねばなりません。

首相にも外相にも会えぬ駐日大使

――東京五輪が終わったら、菅首相への粘着も止む?

鈴置:文在寅大統領のストーカーは五輪後も続くと思います。金正恩総書記が訪日しなくとも、菅義偉首相が訪朝して日朝関係が一気に進展する可能性があるからです。

 2022年2月の北京五輪が日朝、あるいは米国や中国も加えた多国間の首脳会議の場になるかもしれません。その頃になれば新型コロナの流行も下火になり、北朝鮮も外交に動く余裕が出るでしょう。

 北朝鮮の食糧事情は悪化の一途をたどっていて、日本との関係改善が日増しに重要になっています。文在寅政権からすれば、いつ「寝耳に水」の日朝交渉が始まるか、不安でしかたがない。せめて、その匂いでも嗅ぎたいのだと思われます。

 情報収集は大使の仕事ですが、今年初めに日本に送った姜昌一(カン・チャンイル)大使は天皇侮蔑発言が災いして、首相はもちろん茂木敏充外相にも会ってもらえない。

 日本政府がアグレマンを出す前に、韓国政府が大使交代を発表したことへの対抗措置でもあるのでしょうが(「韓国は『アグレマン』前に駐日大使を発表した 『北朝鮮一点買い』で延命図る文在寅」参照)。

北朝鮮も「文在寅を相手にせず」

 ここは大統領自らが菅義偉首相と会って、日本から情報を取りたいところです。2002年9月の小泉純一郎首相の訪朝に関しては韓国側も事前に情報を得ていた。当時の金大中政権は北朝鮮との関係が良好だったため、日朝交渉の細部に至るまで北が教えてくれていた。

 ところが今、文在寅政権は北朝鮮からまったく相手にされていません。金正恩総書記に会ってもらえませんし、情報をもらえるどころか、韓国がカネを出して建設した開城の南北共同連絡事務所まで爆破されてしまいました。

 北朝鮮は南北首脳会談の開催の見返りに韓国からカネをもらってきた。ところが金正恩総書記は2018年に3回度も開いたのに米国の監視が厳しく、韓国からの見返りが思い通りには来なかった。

 それ以降、金正恩政権は「文在寅政権は相手にしない」との方針に転じた、と北の内部に詳しい専門家は言います。2015年の慰安婦合意を堂々と破った文在寅政権を、日本がまともな交渉相手として扱わなくなったのと同じです。

バイデンは助けてくれない

――韓国は米国に助けてもらえないのですか?

鈴置:米国は普通だったら、日本に「韓国と話し合ってやれ」と言うはずです。しかし、米国も文在寅政権をまともな政権とは見なしていない。

 日韓慰安婦合意はB・オバマ(Barack Obama)政権時代に副大統領だったJ・バイデン(Joe Biden)氏が保証人を務めました(「かつて韓国の嘘を暴いたバイデン 『恐中病と不実』を思い出すか」参照)。

 慰安婦合意の当時、菅義偉氏は官房長官で合意の実質的な担当者でした。現在の日米両国の首脳は、ともに文在寅政権に裏切られた経験を持つのです。

「文在寅の約束破り」でメンツを失ったバイデン大統領が、同様にメンツを失った菅義偉首相に対し「韓国の顔を立ててやれ」と言う気にはならないでしょう。

 実際、バイデン政権は日本に「日韓首脳会談を開いてくれ」と求めて来ていません。米国政府は「日米韓」の枠組みは強調しますが、それは北朝鮮の暴発を抑えるために過ぎません。

左派政権阻止でスクラムの日米

――でも、バイデン大統領は米韓首脳会談を実施しました。

鈴置:米国の目的は「文在寅をシカトする」ことではありません。2022年5月の政権交代後も韓国で反米左派政権が続くのを阻止するのが目標です。

 5月21日の米韓首脳会談後の共同声明には北朝鮮の人権問題を盛り込んだ。米国は韓国と北朝鮮の間にクサビを打ち込んだのです。これにより、文在寅政権が北朝鮮との和解に動いて韓国で左派への支持が高まる可能性を抑えることに成功しました。

「面従腹背の文在寅 ソウルに戻ると即、金正恩に“詫び状” 米国でも始まった『嫌韓』」でも指摘しましたが、米国の専門家の中には「2022年3月の大統領選挙で韓国に再び反米左派政権が登場したら面倒なことになる。だから、文在寅政権に点数を稼がせてはいけない」と公然と主張する人もいるのです。

――菅政権も「左派政権の続投阻止」が目的ですか?

鈴置:その通りです。昨年末、官邸筋から「次の大統領選挙で反日政権が登場しないよう動く」との対韓基本方針が漏れてきました。実際、「まともな政権ができるまで相手にしないぞ」とのメッセージを韓国人に送り続けています。当然、米国と調整済みでしょう。

――韓国が保守政権に代われば、首脳会談に応じるのでしょうか?

鈴置:それは分かりません。韓国の裁判所が自称徴用工判決で日韓国交正常化の際に取り決めた枠組みを壊しました。次の政権が完全に修復しない限り、日韓首脳会談の開催は容易ではありません。

 日韓国交正常化の法的枠組みの根には、戦後体制を定めたサンフランシスコ条約があります。米国は自分が主導して作り上げた戦後体制にヒビを入れる韓国の動きには神経を尖らせています。「保守政権に代わったから、韓国との首脳会談を開け」と米国が日本に言うかは微妙です。

日本に喧嘩を売った外交部

――文在寅大統領は自らが置かれた状況を理解しているのでしょうか?

鈴置:韓国専門家の間で議論になる点です。大統領自身は外交の素人。下から「天才的な外交です」と言われ、その気になっているかもしれません。

 ただ、少しでも外交に詳しい韓国人なら「日米が手を組んで反米反日左派政権の駆除に乗り出したな」と見ているでしょう。

 今回のG7サミットで日韓首脳会談が不発に終わった後の「事件」に関連した韓国内の動きもそれを示唆しています。「事件」と呼ぶのは、韓国の外交部が「政府間で首脳会談を実施するとの約束があったのに、日本が破った」とメディアに説明。すると日本政府がこれを完全に否認したうえ、韓国政府に抗議したからです。

「青瓦台から会談の設営を命じられていた外交部が、失敗の責任を取らされるのを恐れ日本の約束違反と発表したな」と私は見ました。韓国メディアにもそう考えた記者がかなりいたようです。

 なぜなら朝鮮日報や中央日報など、政府と距離を置くメディアは「日本側の否認と抗議」をかなりのスペースを使って報じたからです。韓国外交部の言い分に疑問を持たない限り、こういう紙面にはならない。

 極めつけは中央日報の社説「見苦しい韓日首脳会談真実攻防」(6月16日、日本語版)でした。両国政府の主張を平等に紹介した後、以下のように外交部を批判したのです。

・たとえ日本が暫定合意を破ったのが事実でも、その内幕を韓国政府が外交慣例を破ってメディアに流す方式で公開したことは決して褒められた対応とはいえない。
・首脳会談を巡る外交チャネル間の水面下の協議を公開して責任攻防に火をつけたのは、問題を解決するのではなく大きくすることだ。

青瓦台は「日本も努力」

――日韓が揉めている時に、韓国紙が自分の国の政府を批判することがあるのですね。

鈴置:極めて珍しいことです。中央日報の論説委員会は「こんな下手な対日外交を続けている限り、永遠に蚊帳の外に追いやられたままだ」と焦ったと思われます。こう続くからです。

・G7での韓日首脳会談不発を巡る感情対立は7月東京五輪を契機に進められていることが分かった文大統領の訪日にも否定的な影響を及ぼしかねない。
・韓日間には経済分野だけでなく、北核解決や中国台頭への対応など、互いに手を取って解決しなければならない課題が山積している。

 興味深いのは、この事件に対する青瓦台の対応でした。聯合ニュースの「韓日関係発展へ引き続き努力 韓国大統領府高官」(6月16日、日本語版)から、スポークスマンである朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官の発言を拾います。

・青瓦台があれこれ言うのは両国関係の発展のため適切ではない。両国が会談のため多くの努力をした。

 極めて融和的な姿勢です。外交部が非難した日本政府を、青瓦台は貶めず「努力した」とまで持ち上げた。外交部はともかく、青瓦台は本気で日韓首脳会談を開きたいと考えているのです。中央日報が指摘したように、日本を怒らせれば首脳会談はますます難しくなります。

――外交部と青瓦台の姿勢が大きく異なるのはなぜでしょうか?

鈴置:次期政権下で文在寅氏らは刑務所送りになるかもしれません。一方、外交官はよほど政権ベッタリでない限り、司直の手は及びません。日韓首脳会談の実現にかける必死さが異なるのです。

 それに外交官の多くは左派政権の反米路線に危機感を抱いています。この政権が外交的に失敗し来春、親米政権に戻るのは悪い話ではない。もちろん、表立ってそんな本音は語れないでしょうが。

「約束違反」と言えば「見下すな」

――それにしても、騒々しい外交をする国です……。

鈴置:韓国が平気で約束を破るからです。外交は手練手管とは言ってもあれほど簡単に約束を破れば、誰からも――日米だけではなく北朝鮮からも相手にされなくなります。その結果、「会って欲しい」と金正恩総書記や菅義偉首相の後を付けて回わる羽目に陥る。

 問題は「平気で約束を破る」のが文在寅政権に限らないことです。きちんと守ったのは朴正煕(パク・チョンヒ)政権ぐらいで、あとは自分の都合が悪くなると掌を返した。

 国民も合意違反を問題にしない。「この約束は我々の正義に反するから破って当然」と堂々と主張する新聞記事をしばしば見かけます。最近、韓国で開発された新理論は「約束を破ったと非難するのは、日本が韓国を見下しているからだ」という主張です。

 ハンギョレ新聞の「日本は『感情に流される国』になりたいのか」(6月16日、日本語版)がそれです。筆者は東京特派員を経験したキル・ユンヒョン記者。日本でも話題になった記事なので、読んだ人もいるかもしれません。前文を引用します。

・韓国を扱う日本メディアの態度には、常に「上から目線」があると痛感する。「上から目線」とは、道徳性と実力で優位な立場に立つ者が自分より劣った者に教えようとするような態度を意味する。
・「韓国は常に感情に流される国」「自分がした約束を守らない国」「支持率回復のために反日感情に依存する国」といった報道をあふれさせ、それからしばらく経てば、今度は外交的努力を通じて両国はそろそろ関係を回復すべきだとする社説での口出しが相次ぐ。

韓国人にはシカト作戦が一番

――「上から目線」ですか……。

鈴置:キル・ユンヒョン記者は「首脳会談に応ぜよ」と日本に訴えるつもりでこの記事を書いたようです。でも、菅義偉首相が読んだら、逆に「シカト作戦を続けよう」と決意を固めると思います。

 合意を簡単に破るうえ、約束違反を指摘すれば「優越感を持って俺を見ているだろう」と怒鳴り込んでくる――。そんな人々の国とは、話し合うほどに関係が悪化してしまうのです。

鈴置高史(すずおき・たかぶみ)
韓国観察者。1954年(昭和29年)愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。日本経済新聞社でソウル、香港特派員、経済解説部長などを歴任。95〜96年にハーバード大学国際問題研究所で研究員、2006年にイースト・ウエスト・センター(ハワイ)でジェファーソン・プログラム・フェローを務める。18年3月に退社。著書に『米韓同盟消滅』(新潮新書)、近未来小説『朝鮮半島201Z年』(日本経済新聞出版社)など。2002年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。

デイリー新潮取材班編集

2021年6月21日 掲載