慰安婦たちの初期の証言から浮き上がるのは、貧困によって売られたという哀れな姿である。しかし時を経るにつれて、誰もが「日本軍に強制連行された」と主張するようになっていった。その背後には、彼女たちを政治利用しようとした日韓左派勢力の連携があった。【柳 錫春/元延世大学教授】

 ***

 李容洙及び金学順の二人は挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)が主導した慰安婦運動を象徴する人物である。『赤い水曜日』の著者である金柄憲は、彼らが1990年代初めから今日まであらゆるメディアで証言した記録を一つ一つ追跡し、証言の変化を分析した。

 2007年2月の米議会で李容洙は「軍人に連れ去られた」と証言したが、その15年前の1992年8月のKBSの生放送では「革靴とワンピースに魅了されてついて行った」と証言していた。

 米議会での映像は仕切りに隠れているが、その音声は、証言の主が李容洙であることを明確に確認できる。

 KBSでの証言は、1993年に挺対協が出版した『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち「証言集I」』の124頁にある記録とも正確に一致している。強制ではなく業者の誘惑に負けたことを、そこでも明確に証言しているのだ。

「赤いワンピースと革靴が見えた。それをもらって、子供の気持ちがどれほど嬉しかったか分からない。それでつい他のことも考えず、すぐについて行くことになった」

 では、どちらの証言が事実なのか。現在も進行中である、筆者の刑事裁判1審でも、この問題が議論になった。

常識に基づかない証言

 2021年3月12日に行われた2回目の公判だった。検察側証人として出廷した韓敬姫・正義記憶連帯(旧・挺対協)事務総長の発言に対して、被告人である筆者が裁判長の許諾を得て、「公権力によって強制的に連行された事例を一人だけでも具体的に挙げてほしい」と言うと、韓敬姫は質問に対する返事を避けた。その代わり韓は、「強制連行された」という表現の意味は必ずしも「公権力が物理的に強制連行したことに限定して狭く解釈する必要はない」と述べた。さらに日本帝国主義の下で軍慰安所に行った場合は、すべて「広い意味の構造的強制」と見るべきだと法廷で語った。

 韓の証言は、明らかに普遍的な常識に基づいた判断ではない。一般の人々が考える「公権力による強制連行」は、李容洙の「2007年米議会証言」のような状況でなければならない。韓の「広い意味の構造的強制」という抽象的概念は、今日の韓国、いや、全世界で売春に入る女性が皆同じように経験する「貧困」という構造的条件を指摘する言葉に過ぎない。

別の証言

 李容洙の場合と似たような証言の変化は、金学順の場合にも追跡できる。李容洙の証言が収録された『強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』34頁および35頁には金学順の次のような証言がある。(「“”」は筆者の強調)

〈“私が14歳になった年、母は再婚した”。母と私の二人だけで暮らしていたが、お父さんという人と一緒に暮らしているから、よほど不便なことではなかった。父親という声も出ず、その前にあまり出なかった。母にも愛想が尽き反抗したりするから母とも仲が悪くなった”。

“母は私をキーセン(妓生=朝鮮の芸妓)を育てる家に養女として送った”。その時、私の年齢は15歳だった。母と一緒にその家に行って歌を歌って合格した。そして、“母が里親から40ウォンをもらって数年契約で私をその家に住まわせたことを覚えている”。

 ……その家には私より先に来た養女がもう一人いた。そのお姉さんと私は、平壌キーセン見番(けんばん)に一緒に通った。見番は2階建てで、門に大きな看板もあり、生徒も300人もいた。私は2年ほど見番に通いながら、踊りやパンソリ(歌)、時調(詩)などを熱心に学んだ。

 見番で卒業証をもらうと正式なキーセンになって営業することができる。“19歳でやっと館からキーセン許可を与えられるが、17歳で卒業したので、卒業しても営業ができなかった”。それで養父は私を連れてあちこちを追いかけながら許可をもらおうと努力した。私は年齢より体が成熟しており、養父は年齢をごまかしたが、館では年齢が17歳なので駄目だと言った。

 国内で私たちを連れて営業できなかった養父は、「中国に行けばお金を稼ぐことができるだろう」と話した。それで里親の家で一緒にキーセン授業を受けていた“姉と私は養父について中国に行くことになった”。1941年の17歳のときだった。養父は中国に発つ前に母に連絡を取り、中国に行くことを許された。出発する日、“母は黄色いセーターを買って平壌駅まで出てきて見送ってくれた”〉

証言が変化した決定的証拠

 この証言もまた、金学順が貧困の犠牲者として売春に入る過程を赤裸々に見せてくれるだけで、日本の公権力の強制連行に関する証言はどこにもない。金柄憲も、この二人の慰安婦の初期証言は、彼らが「貧困の犠牲者」という事実を明らかにしただけだと指摘する。

 しかし、時間が経過し、彼女らの証言は次第に「日本軍によって強制的に連行された被害者」に化ける。

 このように証言が変化した決定的証拠は、挺対協が出版した別の本でも確認できる。挺対協を率い、現在は国会議員として活動している尹美香が2016年に出版した『25年間の水曜日』に登場する記述だ。

 同書の48頁には李容洙、138頁には金学順に関する記述がそれぞれ登場する。これらによると、李容洙は服と靴に魅了されてついて行ったのではなく、「夜寝ている時に強制的に日本軍に連行」され、金学順は母親に売られて養父が中国に連れて行ったのではなく、「拉致されて日本軍に連行された」。

 元慰安婦らの証言が歴史的事実と合致するかという問題は、筆者の刑事裁判で最も重要な争点の一つだ。なぜなら、検察が筆者を起訴した理由は、講義室で学生たちを相手に「虚偽事実」を流布し、「元慰安婦たちの名誉を毀損」したという点にあるからだ。この争点に対して裁判所はどのような判断を下すのだろうか。

吉田清治の『私の戦争犯罪』

 日本では1983年、吉田清治という共産党員が『私の戦争犯罪』を出版した。著者の吉田が日帝時代に国家権力の命令で朝鮮女性を「強制連行」したと自ら告白したこの本は、出版とともにいわゆる「良心的」な日本の知識人と活動家たちから大きな注目を浴びた。それから6年後の1989年には「私は朝鮮人をこのように捕らえた」というタイトルで韓国語でも出版された。

 日本では同書が出版されて約10年が経った1992年1月から、同書に出てくる証言を根拠に朝日新聞が大々的に「強制連行プロパガンダ」記事を書き始めた。韓国で1990年11月に活動を始めた挺対協が発足して間もない頃だ。日本列島中が大騒ぎになった。

 吉田は「日本の良心」として浮上し、謝罪のために韓国を訪問するイベントも用意された。挺対協の立場からは、まさに貴人が現れたわけだ。1992年8月12日に訪韓した吉田は、京郷新聞のインタビューで、

「私は日本政府の命令で韓国人従軍慰安婦を強制送還した奴隷ハンターだった」

 と公言し、「万が一、日本政府が最後までこれを否定すれば、天罰を受ける」とも語った。

「日本の悪い癖を直してやる」

 当時、この証言を疑う人は誰もいなかった。日本帝国主義の蛮行を糾弾する世論が韓国はもちろん日本で沸き立ち、全世界に広がるようになった。

 こうした世論を背景に、日本では1993年8月に内閣官房長官の河野洋平が「本人の意思に反して募集された事例が多く、さらに官憲などが直接これに加わったこともあった」と日本の責任を認める談話を発表した。一方で世界世論に応え、他方では悪化の一途をたどっていた当時の韓日関係を正常化させるという、日本政府の政治的かつ外交的な選択だった。

 しかし韓国大統領の金泳三は「日本の悪い癖を直してやる」と豪語し、「中央庁」として使っていた「朝鮮総督府」の建物を撤去するなど対日強硬策に終始して、日本の努力は水の泡となってしまった。

 続いて1995年にはオーストラリアのジャーナリスト、ジョージ・ヒックスが吉田の証言を主な根拠として『The Comfort Women(慰安婦)』という英語本を出版した。「大日本帝国軍隊の性奴隷」という扇情的副題をつけた本だ。これが日本の「慰安婦蛮行」を世界に知らせる窓口となった。

「吉田清治は職業的詐話師」という指摘を無視

 1996年1月、ついに国連人権委員会が「強制連行」と「性奴隷」説を認定する通称「クマラスワミ報告」を採択した。日本の韓国植民統治に関する歴史はもちろん、現地語も全く知らないスリランカ出身の法律家、ラディカ・クマラスワミが、日本と韓国で吉田を支持するグループ、特に韓国の挺対協の協力を得て、全世界に散らばっている慰安婦の証言を集め、「被害者中心主義」の原則を掲げて報告書を書いた。

 だが、彼女の報告書は、ヒックスの本に一方的に依存したものだった。当時は英語の慰安婦文献がそれしかなかった。そのヒックスの本は主として吉田の証言に頼ったものだ。したがって「クマラスワミ報告」は結局、吉田の証言を二番煎じした文書にすぎない。

 この報告書が出される過程には、次の問題もあった。先に指摘したように、現地語、すなわち韓国語と日本語が分からず原史料を全く読めなかったクマラスワミは、報告書の作成過程で日本の慰安婦問題専門家の二人と面談した。秦郁彦及び吉見義明だ。秦は面談で次のような三つの核心内容を伝えたという。

(1)慰安婦「強制連行」に関する日本側の唯一の証人である吉田清治は「職業的詐話師」だ。

(2)暴力的に連行されたという慰安婦証言の中で客観的な証拠として裏付けが取れた例はない。

(3)慰安婦の雇用関係は日本軍との間にではなく、慰安所経営業者との間で結ばれた。

 ところがクマラスワミ報告書は、このような指摘を完全に歪曲した。これを正すため、秦は「文藝春秋」1996年5月号に「歪められた私の論旨」という論文を発表したが、すでに矢は放たれた後だった。

吉田の証言が完全なうそであることが明らかに

 マスコミの注目を集めることはできなかったが、「慰安婦問題の真実」を探る努力は少しずつ進展していた。

 1989年8月14日、韓国の「済州新聞」は、吉田が強制連行したという済州道・城山浦のボタン工場を訪れ、高齢住民の証言を確認した結果、「そのようなことを全く知らない」という証言を記事にした。「住民が捏造だと指摘、日本の恥知らずの商法に憤慨」という見出しをつけた記事である。しかし、同記事は反日感情に埋もれてあまり注目されなかった。

 日本でも同じ疑いを持った人たちが現れ始めた。1980年代前半に在韓日本大使館で専門調査員を務めた西岡力が代表的人物だ。彼は韓国語を流暢に駆使し、日本人拉致被害者問題を暴く親韓派ジャーナリストであり学者だ。彼も当時を生きた人々の経験が吉田の証言と一致しない点に注目した。

 西岡の執拗な問題提起に支えられ、日本ではついに2014年4月、真実究明のための独自調査団を済州島に派遣することになった。彼らの確認を経て吉田の証言は「最初から最後まで完全なうそ」であることが満天下に明らかになった。

韓国国民が知らない真実

 結局、朝日新聞は2014年8月5日、吉田の証言が捏造であることを明らかにして認め、16の関連記事を取り消すと発表した。朝日新聞社長は謝罪し、編集局長は更迭された。さらに2017年には吉田清治の長男が、すでに故人となった父親の過ちについて語った本も出版された。

 西岡は慰安婦問題をめぐり朝日新聞と戦ってきた過程をまとめ、2007年6月、『よくわかる慰安婦問題』という本を日本で出版した。吉田の虚偽証言が本として出てからほぼ四半世紀後だ。韓国では全く知られていなかった西岡の本は、ついに2021年に韓国語に翻訳、出版された。青色の表紙を持つ翻訳本は、「韓国政府とマスコミが言わない慰安婦問題の真実」という挑発的なタイトルをつけている。また、緑色の表紙が使われた別巻『資料集』は、この問題と関連した日本側の主要文献資料をすべて韓国語でまとめて盛り込んである。

 日本と韓国の左派言論界と活動家たちが連帯して慰安婦問題を歪曲している現実を、韓国国民は果たしてどれほど知っているだろうか。しかも、このような事実を少しでも明らかにすれば、むしろ「日本極右の手先」という非難を甘受しなければならないのが昨今の現実だ。

「反日種族主義」が終わる日を信じて

 この暗鬱(うつ)な現実の前で筆者は、「No Japan」スローガンを掲げた韓国反日左派の首領・文在寅大統領の反日扇動が絶頂に達した時、「歴史の真実」を講義室で語る途方もない「罪」を犯したわけだ。文字通り彼らの逆鱗に触れ、その結果は検察による起訴だった。刑事法廷で「虚偽事実で慰安婦の名誉を毀損した責任」を負えという公権力を相手に、「私の講義は虚偽事実ではなく、たとえ虚偽事実であっても学問の自由で保護されなければならない」と主張し争っている。

 この状況が楽しいはずがない。しかし、いつかは『赤い水曜日』というもう一つの踏み台を通じて、『私の戦争犯罪』が積み重ねた偽りの山が崩れ、ついに「慰安婦問題の真実」が明らかになり、幽霊のように韓国社会を取り巻いている「反日種族主義」が粉々になる日が来ると確信する。結局は真実が勝つからだ。

 あの事件が起こってからもう2年半の歳月が流れた。しかし、歳月がもたらした恩恵もなくはない。もし今、筆者が再び発展社会学の講義を行うなら、今や学生たちに読んでもらえる良いテキストが多くなったことがありがたいし嬉しいと言えるようになったからだ。

米国でも論文撤回要求が

 他方、米国の研究者の存在も大きな力となっている。他でもないハーバード大学のマーク・ラムザイヤー教授だ。同氏は純粋な学術誌「International Review of Law & Economics」2021年3月号に日本軍慰安婦が売春業者と結んだ契約を「年季契約」(年限を決めて売春婦やキーセンとなる契約)という概念で実証的に分析する学術論文「Contracting for Sex in the Pacific War」を発表した。

 しかし論文が世に出るや否や、彼は米国にいる日本学専攻の「政治的正しさ」主義に心酔した教授たちから大きな非難を甘受しなければならなかった。左派の常套的なレッテル貼り、すなわち「日本極右の手先」という非難は、論文撤回要求運動にまでつながった。

 彼が米国で受けた非難は、私が韓国で受けた非難とあまり変わらない。自分たちと違う立場の「論文を書いた」、あるいは「講義をした」という理由で、マスコミを通じて「いじめ」をし、大学から追い出す処罰を既成事実にしていく図式だ。違いがあるとすれば、ハーバード大学は学問の自由を守ってくれたが、延世大学はこれを守ってくれなかったという点だけだ。しかしいつかは真実が明らかになる。私はそう信じる。

政治利用された慰安婦

 問題となった講義を終え、筆者が学生たちに語った言葉をここに写すことで、結論に代えよう。

〈……してもいないことを日本が犯したと言うのは不義じゃないですか。(実際に)やったことをもって話さないと。事実に基づいていない正義は存在しませんよ。事実に基づいてこそ正義が立てられます。してもいないことをしたことにして誰かを、(しかも)多くの人を殺すのは、それこそ魔女狩りだ。

 ところで皆さんは、日本の植民地時代の元慰安婦に対してこんなにも同情しながら、不思議と現代の売春女性たちには同情しないのはなぜですか? その人たちにも同情してください。その人たちを救える道を作る努力もしてください。なんでタイの女性が韓国まで売られてきて風俗マッサージ屋で働かされるのか?って。なぜ、それは放っておいて、100年前にあったことで大騒ぎなのか?

 すぐ目の前で起こっていることは見て見ぬふりをしながら。

(ソウルの)新村(シンチョン)の夜道に出てみてください。皆さんがお酒を飲んでいる裏通りに行くと、まさにそんな行為が起こっているのに、分からないというのですか? それを知らないふりをするのは卑怯なんですよ。

 皆さんの目に間違いが見えたらすぐに直さないと。今すぐ! なぜ、それには目をつぶって、100年前に家庭が貧しくて、自分の家を経済的に助けようと戦線に出たあのおばあさんたちを利用するのか!

 ……南に行くと、新村に行くと、売春業が盛んになっているのに。その売春業をなくす努力をしてください、むしろ。それは見ぬふりをしながら、卑怯なんですよ。挺対協が作った「食卓」に、皆さんは甘い正義感で寄り添い、社会正義を成し遂げようと大騒ぎしていますが、なんてつまらないことなのか。

 皆さんは一度でも会ったことがありますか? その人たちの人生がどうだったのかを調べてみたことがありますか。でも李栄薫教授は調べ尽くしましたよ、彼女らの証言を。若い時にした証言、あの仕事から国へ帰ってきて60年代に自分が何をしてきたかという証言がそのまま出ています。本を読んでください。あの人たちは本当に一所懸命暮らしました、挺身隊のおばあさんたち、慰安婦のおばあさんたちは。

 それを政治的に利用しているんです。あんなに苦労して、一所懸命生きてきたのに。今売春業で働いている女性たちに悪口は言えません。なぜなら、皆さんは環境が良くて、その人たちは環境が悪かったんです。悪い環境の中で食べていくために、そこで働いているんです。そんな女性たちに向けて勝手なことは言えないですよ!〉

(敬称略)

柳 錫春(リュ・ソクチュン)
元延世大学教授。1955年生まれ。延世大学卒。米国イリノイ大学で博士号。87年延世大学社会学科助教授、97年より同教授となり2020年に定年退職。

「週刊新潮」2022年6月2日号 掲載