奇襲攻撃は、なぜ成功したのか──? 日テレNEWSは9月13日、「ウクライナ軍『不意打ち』成功で――領土“東京の1・4倍”を電撃奪還 ハルキウで何が?『ロシアの目標は風前の灯火』の見方も」との記事を配信した。担当記者が言う。

 ***

「9月11日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領(44)は、北東部ハルキウ州で軍が反転攻勢し、同州のイジュームなどロシア軍の拠点を奪還したと発表しました。更に12日、イギリスの国防省はロシア軍について『ウクライナ東部ハリコフ州のオスキル川以西の州全域から撤退を命じた可能性が高い』とも発表したのです」

 ウクライナ軍の戦果は、日本テレビによると《東京都の1・4倍ほどとされる広い範囲》だという。

 これほどの大戦果をあげた理由として、世界各国のメディアが「勝因は奇襲作戦の成功」と報じた。

「ウクライナ政府は『南部を奪還する』と公言し、実際に兵力を投入していました。ロシア軍が反撃のため南部に戦力を集中させた結果、北東部が手薄になったのです。その隙を突いて、ウクライナ軍が奇襲攻撃。これが大成功を収めた、というのが日本テレビなどの報道内容です」(同・記者)

 さる軍事ジャーナリストは「確かに奇襲だったのでしょう。現地の映像を見ると、ロシア軍が慌てふためいた様子が伝わってきます」と言う。

兵站の悪化

「ロシア軍が逃げた街には、戦車や装甲兵員輸送車が無傷のまま置き去りにされていました。CNNは『ロシア軍の兵士は軍服を捨て、私服で逃走した』とも報じています(註)。どうやらロシア軍の兵士は、『戦車や輸送車で退却したら、ウクライナ軍の追撃を受けてしまう』との恐怖心を持ったようです。そのため私服で“敵前逃亡”したのでしょう」

 敵前逃亡は、多くの軍隊で即決銃殺となる重罪だ。にもかかわらず、ウクライナ軍を迎え撃つ考えなど微塵もないのだから、ロシア軍における士気の低下は言わずもがなだ。背景には弾薬不足など兵站(へいたん)の悪化があるという。

「9月6日、アメリカ政府は『ロシアは不足した弾薬やロケット弾を補給するため、北朝鮮からの購入を試みている』と発表しました。経済制裁でロシア国内の生産力は落ち、ウクライナ軍はロシア軍の補給路を叩く作戦を続けています。古今東西、最前線の兵士は、補給状況に敏感です。弾薬や糧秣(りょうまつ)の不足を感じると、一気に士気は下がってしまいます」(同・軍事ジャーナリスト)

 もし補給された弾薬ケースにハングル文字が書かれていたら──最前線の兵士は、これだけで自軍の苦境を導き出すに違いない。

奇襲成功の謎

「北朝鮮の弾薬が補給されていたら、最前線の部隊は頭を抱えているかもしれません。2010年、朝鮮人民軍が韓国軍を砲撃するという『延坪島砲撃事件』が発生し、韓国は海兵隊員2人と民間人2人が死亡するなどの被害を受けました。その際、北朝鮮の弾薬は不発弾が相当な割合に達するなど、状態がひどいことが明らかになったのです」(同・軍事ジャーナリスト)

 同じことがウクライナでも起きている可能性がある。そもそもロシア軍も、朝鮮人民軍の砲弾に信頼を置いているとは考えにくい。

「もしウクライナの最前線に届いたのなら、試射を行っても不思議ではありません。その結果、延坪島砲撃事件と同じくらいの高率で不発弾があることが判明すると、部隊全体が不安に包まれるはずです。士気は更に低下することになるでしょう」(同・軍事ジャーナリスト)

 そもそもウクライナ軍の奇襲攻撃が成功するという時点で、ロシア軍の致命的な欠陥が浮き彫りになるという。

「偵察衛星や偵察機の発達により、『敵軍の動きを把握すること』と『自軍の動きが把握されていること』は、現代の戦争では前提条件となりました。1990年の湾岸戦争でアメリカ軍は、最前線で進軍する陸上部隊の同行取材を一部のメディアに許可し、戦況をリアルタイムで広報しました。『イラク軍も自分たちの動きを知っている』ことは当たり前だと考えていたからです」(同・軍事ジャーナリスト)

今後の戦局に影響

 ロシアも軍事大国である。宇宙に偵察衛星を飛ばし、空で偵察機も運用している。近年はドローンによる偵察にも力を入れている。

「ウクライナ軍は大規模な反攻作戦に乗り出したのですから、兵力も相当な規模でしょう。機械化部隊なのは当然で、先頭を戦車が進み、その後を装甲兵員輸送車が続いたはずです。小規模な決死隊ならいざしらず、多数の敵軍が攻めてくるのをロシア軍はキャッチできなかった。ただただ呆然とするばかりです」(同・軍事ジャーナリスト)

 兵站や偵察という要素も極めて大きいが、やはり結局は士気が最重要なのだろう。不退転の決意で反攻作戦に乗り出したウクライナ軍と、軍服を捨てて遁走したロシア軍との差はあまりに大きい。

「西側諸国が軍事支援を行っても、戦線が膠着していた時期もあり、“支援疲れ”が心配されていました。更に、冬の訪れが現実味を増し、ロシアがエネルギー供給を口実に圧力をかけ、一部の国が屈服するのではないかとも懸念されていました。それが今回の大勝利で、ウクライナ軍はもちろんのこと、支援を続けていた西側諸国も手応えを掴んだはずです。これは今後の戦局に大きな影響を与えるでしょう」(同・軍事ジャーナリスト)

ミッドウェイ作戦

 8月24日はウクライナの独立記念日だが、この日にゼレンスキー大統領は「ロシアから全土を取り戻す」と演説を行った。

 このためには南部と東部の二正面作戦が必要であり、軍事の専門家からは「現実的な戦略ではない」という指摘も少なくなかった。

「しかし今回、ウクライナ軍はまさに二正面作戦を敢行し、東部で大きな戦果を挙げました。南部でも前進を続けているとの報道もあります。いわば“有言実行”を果たしたわけで、西側諸国のウクライナ軍に対する評価も上がると考えられます」(同・軍事ジャーナリスト)

 一方のロシアは、このまま敗走が続くと、「開戦前の国境線」まで戻される可能性も出てきた。

「そもそもロシア軍はウクライナ全土を支配下に置くため、あの“特別軍事作戦”を実施したのです。ところが、キエフの攻略には失敗し、東部の占領地も失いつつあります。このまま敗北が続き、結局は開戦前の“国境線”に戻ったとなれば、徒労感は桁違いでしょう」

 ただでさえロシア軍は士気の低下に苦しんでいる。それに加えて「“特別軍事作戦”は全く意味がなかった」との事実を突きつけられたとしたら、どうなってしまうのか──。

「ウクライナ軍の戦果は、1942年に劣勢のアメリカ海軍が日本海軍を撃破して戦局を一気に転換した、『ミッドウェイ作戦』に匹敵する価値を持つ可能性も出てきました」(同・軍事ジャーナリスト)

註:ロシア兵士、軍服捨て私服姿で逃走か 東部ハルキウ州(CNN日本語電子版:9月11日)

デイリー新潮編集部