「BBC NEWS JAPAN」は11月6日、「梨泰院の雑踏事故から1週間、ソウルで数万人が追悼・抗議集会 犠牲者への正義求め」の記事を配信し、YAHOO!ニュースのトピックス欄にも転載された。だが、この記事が伝えた《政治的抗議行動》の様子に、日本のSNSでは違和感を表明する意見が相次いで投稿されている。(一部敬称略)

 ***

 改めて痛ましい事故について振り返れば、発生は10月29日の夜だった。11月10日現在、156人の死亡が確認されている。死因は圧死が目立つといい、朝日新聞は《犠牲者のうち女性が男性の2倍近くにのぼった》と報じた(註)。

 ではBBCの記事から、事故の発生で尹錫悦[ユン・ソンニョル]大統領(61)に対する批判が高まっているという部分を引用しよう。

《ソウル市庁舎の近くで行われたこのデモでは主要道路の2車線が封鎖され、数万人が集まった。参加者の多くは尹政権の「退陣こそが追悼だ」という尹氏に向けた辛辣なメッセージが書かれた黒いプラカードを手にしていた》

 抗議に集まった人々は、「尹錫悦政権は退陣せよ!」と何度も声をあげたという。こうした動きに、少なからぬ日本人が違和感を覚えているようなのだ。

 梨泰院の事故では、警察の不手際も次々に明らかになっている。BBCも《事故から1週間後、当局は警察署や消防署を家宅捜索するなど、調査を開始した》と報じた。担当記者が言う。

「事故が起きた際、梨泰院における警備体制が手薄だったことは、日本でも大きく報道されています。警察や消防の責任が問われていることには、多くの日本人が納得しています。一方、抗議の声に政権批判が含まれていることについては、SNSなどで疑問視する投稿が後を絶ちません」

政権批判の起きない日本

 Twitterから「警察批判は当然だが、政権批判は理解できない」という主旨の投稿を引用させていただこう。

《自治体や警察当局への批判や責任を追及するのならともかく、何で政権批判どころか政権の退陣を要求してるんや?》

《行政らに処分のデモはとてもよくわかるのだが、大統領政権は退陣せよ!等一部叫んでる人見ると、趣旨から逸れてて理解に苦しむ》

《なんでそうなるかなぁ…今デモとか政権交代とか言い出すと今後事故を起こさないためにする行動が後手後手になるやん…》

 2001年7月に兵庫県明石市で発生した明石花火大会歩道橋事故では、圧死などで11人が亡くなり、183人がケガを負った。

 この事故でも兵庫県警の警備計画や対応に問題があったことが発覚し、刑事裁判では警備担当の明石署の警察官に実刑判決が下っている。

 だが、政治の責任を問う声は皆無だったと言っていい。ちなみに、当時の首相は小泉純一郎氏だった。遺族や被害者、兵庫県民が一丸となって「小泉退陣」を求めるデモを起こす──そんな動きは全くなかった。

「『大惨事の発生で政権批判が高まる』という現象が韓国で起きたのは、これが初めてではありません。2014年4月、セウォル号沈没事故が発生し、乗員乗客299人が亡くなりました。すると当時の朴槿恵[パク・クネ]大統領(70)にも批判が集中しました」(同・記者)

北朝鮮の暗躍

 元毎日新聞論説委員で韓国社会に詳しい早稲田大学の重村智計名誉教授は、「日本人が考えるより、韓国では政治と国民の距離が近いのです」と指摘する。

「梨泰院の事故を考えると、警察の不手際が大惨事の直接的な原因であることは言うまでもありません。ただし、韓国では軍事独裁政権が長く続いたため、デモを事前弾圧してきた歴史があります。その反省に立って、近年の韓国国民は警察になるべく控え目な警備を行うよう求め、警察もそれに応じてきました。警備の問題でも政治の影響が見て取れるというわけです」

 韓国の独裁軍事政権と言えば、朴正熙[パク・チョンヒ](1917〜1979)、全斗煥[チョン・ドゥファン](1931〜2021)という2人の大統領で知られる。

 1979年に朴が暗殺されると、韓国では民主化を求める動きが強まった。だが、大統領に就任した全は、1980年5月に戒厳令を布告。世論を抑え込む姿勢を鮮明にし、不当逮捕も日常化した。

 同年5月18日、光州市でデモが起きると、軍や機動隊が事前に行動し弾圧。一説によると、死者は150人から200人という大惨事に発展した。

「梨泰院雑踏事故は、歴史の教訓に学んだことが裏目に出てしまったとも言えます。では、なぜ韓国では大惨事が発生すると政権批判が強まるのか、私は3つの理由が挙げられると考えています。1つ目は北朝鮮の策動です。セウォル号の沈没も梨泰院の事故も、どちらも保守政権に対する批判だったのは決して偶然ではありません」(同・重村氏)

ナショナル・アイデンティティ

 いわゆる“北朝鮮シンパ”が政権を攻撃するというレベルではない。

「韓国に潜入している北朝鮮の工作員が暗躍し、保守政権に対する批判的な世論を誘導していくという現象も取材しました」(同・重村氏)

 裏を返せば、もし文在寅[ムン・ジェイン]前大統領(69)の政権下で事故が起きたのなら、ここまで批判は過熱しなかったかもしれない。

「2つ目は、韓国で政治の動きは国民の日常生活に大きな影響を与えることが挙げられます。韓国は人口が約5100万人と日本より少なく、地縁と血縁の結びつきも依然として強固です。そのため大統領が代わると、公務員だけでなく民間の会社員でも左遷されたり、あるいは抜擢されたりするのです。政権交代が生活と人生に関わるわけです」(同・重村氏)

 3つ目の要因として重村氏は、韓国人の“引き裂かれたアイデンティティ”を挙げる。

「日本は明治維新で近代化を果たし、長い時間をかけて自国の“ナショナル・アイデンティティ”を育み、民族主義を克服しました。成熟した民主主義国家に住んでいるという実感を持っています。ところが韓国の場合、日本の敗戦によって独立を果たしましたが、朝鮮戦争が勃発し、戦後も軍事独裁政権の統治が続きました。激動のうねりに翻弄され、『韓国人とは誰か』とか、『韓国人の共通の帰属意識』に、なお悩んでいます。南北共通の国民意識も喪失しているのです」(同・重村氏)

2つのイデオロギー

 朝鮮半島が大韓民国と北朝鮮に“引き裂かれて”いるのと同じように、「韓国人自身も『資本・民主主義』と『社会・共産主義』など、『二項対立思考』を克服できない、と尹大統領も述べた」──重村氏は、こう指摘する。

 皮肉なことに、北朝鮮は“ナショナル・アイデンティティ”を獲得した。初代最高指導者たる金日成[キム・イルソン](1912〜1994)が、「日本帝国主義への勝利」と儒教的全体主義で「民族的アイデンティティ(国家意識)」を確立した。

「歴史的事実はさておき、金日成は“日本帝国主義打倒”の英雄という建前でした。日本の植民地支配に反旗を翻し、社会主義国家として民族自決を成し遂げるという“神話”がナショナル・アイデンティティとして通用した時代も長かったのです。70年代の韓国では知識人を中心に、『国家としての正当性は大韓民国には存在せず、むしろ北朝鮮に存在するのではないか』という議論が盛り上がりました。その代表的人物の一人が、前大統領の文在寅氏です」(同・重村氏)

 知識人だけでなく一般の庶民にとっても、「資本・民主主義」と「社会・共産主義」の対立は重要な問題だという。

「普通の韓国人にとって、現在の大韓民国が投票や言論の自由を保障していることは分かっています。その一方で、『保守系の政治家は蓄財に励み、国民を忘れている』というイメージも広く流布しています。資本・民主主義にも共産・社会主義にも共感と疑問を感じ、『アイデンティティ喪失が、反日を求める』、『二項対立思考から抜け出せない』、同情すべき“韓国社会の悲劇”です」(同・重村氏)

メリットとデメリット

 普段から“2つのイデオロギー”で揺れ動く韓国人は、大事故やスキャンダルが発生すると敏感に反応してしまう。

 時の大統領が保守と革新のどちらであっても、「やっぱり今の大統領ではダメだ」、「こんな大事故が起きたのは大統領の責任だ」と、政権批判に直結しやすい。

「その背景には『君師父一致』の儒教的思想があります。指導者は国民の『王様』であると同時に、指導する『師匠』であり、慈愛ある『父親』との期待があります。それを大統領に期待する感情が、政治的に利用されてもいます。だが、“2つのイデオロギー”で揺れている韓国人にとって、二大政党制は親和性が高いと言えます。日本より政権交代も頻繁ですから、政治・経済システムの改革が比較的容易に進むというメリットもあるのです」(同・重村氏)

 政権交代が起きれば、大惨事に対する防止策の構築も進むだろう──韓国では、こう考える有権者も決して少なくないというわけだ。

「ただ、一方で韓国では、政治における安定性に乏しく、長期的な政策の実現にはデメリットとなります。激しく揺れ動く有権者と常に向き合う韓国の大統領は、保守でも革新でも強権志向になりやすいという点も見過ごせないでしょう」(同・重村氏)

 隣国であっても、日本と韓国で政治・社会システムを比較してみると、異なる点は非常に多い。

 深い哀悼の心を伝えるべき梨泰院の事故で、揺れ動く韓国社会をウォッチするにしても、日本人の“眼差し”には注意が必要だという。

北朝鮮の存在感

「新聞もテレビも梨泰院の事故を連日、大きく取り上げています。被害者の方々を悼むために注視するなら何も問題がありませんが、一部の日本人は、事故から『潜在的な優越感』を満足させている可能性は否定できません。『日本人は優秀だから、あんな事故は起きない』という『蔑視感情』です。韓国人の不幸を喜ぶ心理。韓国人にも、日本人の不幸を喜ぶ心理が存在します。互いに不幸な潜在意識です」(同・重村氏)

 日本人が「資本・民主主義」vs「社会・共産主義」の間で揺れ動かないのは、優れた民族だからではない。

 日本の左翼にとっては、ソ連崩壊によって“55年体制下における革新陣営”が消滅したことが大きい。だが朝鮮半島の場合は、今も北朝鮮が存続している。

「韓国が真の民主主義国家として成熟できるかという問題と北朝鮮の未来は、密接に結びついています。例えば、北朝鮮で反政府運動が激化し、金一族が退陣するようなことが起きれば、韓国社会も変わるかもしれません。しかし、北朝鮮が今の政治システムで存続していくのなら、韓国人のアイデンティティも引き裂かれたままでしょう。大事故やスキャンダルが発生するたびに、韓国社会では激しい政権批判の声が上がるのは変わらないわけです」(同・重村氏)

註:韓国・梨泰院の雑踏事故、犠牲者の3分の2が女性 体格差が影響か(朝日新聞デジタル:11月2日)

デイリー新潮編集部