大量の砲弾が消費されているウクライナの戦争では、アメリカとロシアの“我慢比べ”が続いているようだ。まずはロシアから見てみよう。AFP=時事は11月24日、「ロシア軍に『著しい』砲弾不足 米国防長官」の記事を配信した。

 ***

 記事はアメリカのロイド・オースティン国防長官(69)の発言を伝えたものだ。担当記者が言う。

「ロシア軍はミサイルなど精密誘導弾が不足していることは、これまでも報じられてきました。経済制裁でIC(集積回路)が不足し、製造が難しくなっているようです。そして今度はオースティン国防長官が、ロシア軍は普通の砲弾も著しく不足していると発言したのです」

 もともとロシア軍は、砲撃重視の作戦が“お家芸”だ。ウクライナ戦争でも特に東部戦線で、砲弾の猛射を浴びせてウクライナ軍を苦しめた時期があった。

「その一方で、ロシア軍は緒戦から、補給が充分に機能していませんでした。最前線に砲弾が届かないことも珍しくなかったようです。オースティン国防長官は、ウクライナ軍がロシア軍の保管倉庫を効果的に攻撃した戦果も大きいとし、ロシア軍の《利用可能な弾薬の残量に若干の問題が生じ始めた》と指摘しました」(同・記者)

 だが、アメリカ軍も同じ問題を抱えている。CNN.co.jpは11月19日、「ウクライナ向け兵器の残存量手薄に、製造能力にも問題 米」の記事を配信した。

砲弾不足の理由

《米政府当局者の1人は、一部の兵器システムの備蓄分はウクライナへの約9カ月間に及ぶ軍事支援を受けて、「減少の一途」にあるとの現状を説明》

《ウクライナの提供要請に応える上で残存量に懸念が生じている兵器には、155ミリ榴弾(りゅうだん)砲の弾薬や携行式の地対空ミサイル「スティンガー」が含まれる》

 アメリカとロシアは、世界トップクラスの軍事大国だ。大砲の弾が不足しているというのは、にわかには信じがたい。なぜ砲弾が不足しているのか、軍事ジャーナリストに訊いた。

「アメリカやロシアに限らず世界中の軍隊は、平時、武器や弾薬の生産量を落とします。戦時中のようにフル稼働させると、たちまち過剰在庫の山になるからです。砲弾も一定量の在庫を確保したら生産を抑制する。演習などで大砲を撃ったら、使った分の砲弾は生産して補填しますが、その程度にとどめておくのです」

 戦術が大きく変わったことも大きい。第二次世界大戦後、大砲が威力を発揮するような戦争は起きなかったという。

砲弾の使用量

「アメリカ軍の場合ならアフガニスタン、イラクといった国々で、小規模の武装組織と戦ってきました。それに対応するため、軽量化を至上命題とした『M777(155ミリ榴弾砲)』をイギリスの軍事メーカーが開発しました。たとえアフガンの山岳地帯でゲリラ戦が展開されても、軽いのでヘリコプターで運べます。武装組織に向けて榴弾砲を発射し、撃退するという作戦も可能になるわけです」(同・軍事ジャーナリスト)

 ところが今回の戦争では、ウクライナ軍とロシア軍の砲兵隊が対峙する状況になった。これは“第二次世界大戦以来”と言っても過言ではないという。

「大砲による戦闘は基本的に、『相手より大量の砲弾を浴びせる』ことが鉄則です。両軍とも砲弾の使用量は凄まじいものだったでしょう。アメリカ軍もロシア軍も、たちまち砲弾が減少してしまったのは当然だと言えます」(同・軍事ジャーナリスト)

 その結果、オースティン国防長官がロシア軍の、また、CNNがアメリカ軍の砲弾不足を報じているのだ。

ロシアのほうが深刻

 CNNはアメリカが《ここ20年では初めて、紛争に直接介入しない事態を迎えている》ことが大きな影響を与えていると指摘する。

《戦争に備えて兵器弾薬を製造する必要性がなく、戦闘が長引く正規軍同士による組織的な交戦に欠くことができない物資の量的確保も進めていない》

 だが、アメリカ軍とロシア軍の状況を比較すると、やはりロシア軍の砲弾不足のほうがはるかに深刻だという。

「ソ連崩壊前、ロシアと東欧諸国はワルシャワ条約機構で、アメリカと西欧諸国による北大西洋条約機構(NATO)に対峙してきました。東ヨーロッパ全体で軍事を考えていたため、ロシア軍が使う152ミリ榴弾砲は、大砲も砲弾もポーランドやエストニア、チェコスロバキア(現在はチェコ共和国とスロバキア共和国)で製造されていました。ところが現在、これらの国はNATO加盟国です」(同・軍事ジャーナリスト)

 ロシア軍のために砲弾を製造してくれる国がなくなったのなら、国内に砲弾の製造工場を作ればいいようにも思える。しかし、そう簡単にはいかないという。

「砲弾も工業製品の一種。鉄と化学薬品が不可欠で、経済制裁に苦しむロシアにとって簡単には製造できないのかもしれません。たとえ工場を整備し、砲弾の製造を開始したとしても、前線に砲弾が届くまでには、相当の日数が必要です。最前線の砲兵は今、砲弾が欲しいのです。結局、ロシア軍は、ベラルーシや北朝鮮で砲弾を調達していると見られています」(同・軍事ジャーナリスト)

韓国も注目

 ウクライナもかつてはワルシャワ条約機構の一員だった。そのため砲兵は、152ミリ砲弾を使い慣れている。だが、こちらには“追い風”が吹いたようだ。

「NATOが使う砲弾は155ミリで統一しています。そのため、ポーランドやエストニアといった国は、NATOの仕様に更新している真っ最中です。不要になった152ミリ砲弾は、とりあえず倉庫に保管していました。ロシアとウクライナの戦争が始まると、この152ミリ砲弾がウクライナに送られ、ロシア軍の侵略を食い止めるのに重要な役割を果たしたと言われています」(同・軍事ジャーナリスト)

 その後、ウクライナ軍の砲兵はNATOの榴弾砲を使う訓練を受け、アメリカやフランスから供与を受けた榴弾砲や砲弾を使いながら戦っている。

「万が一、アメリカの155ミリ砲弾が枯渇しても、フランスやドイツといったNATO加盟国も全く同じ砲弾を持っています。ヨーロッパの各国が備蓄する砲弾が使えるという点は、ウクライナ軍にとって非常に大きなメリットでしょう」(同・軍事ジャーナリスト)

 そして韓国も注目を集めている。155ミリ砲弾を製造しているからだ。ロイター(日本語・電子版)は11月11日、「韓国、米への砲弾供与を協議 ウクライナ向けとの報道も」との記事を報じた。

巨大特需

「韓国の国防省がアメリカに砲弾を供給するか協議していることを認めたため、それをロイターが報じました。この直前にウォール・ストリート・ジャーナルが『韓国がウクライナ向けの武器を米国に売却することで合意』というスクープ記事を報じていたのです」

 以前からロシアは「韓国がアメリカに武器を供与すれば、韓ロ関係は破綻する」と警告を発していた。韓国政府も慎重になっていることがロイターの記事からも浮かび上がる。

「とはいえ、もともと韓国の軍需産業は155mm自走榴弾砲K9を軍事装備品輸出の主力商品に位置づけ、砲弾ともども多くの国に納入してきた実績があります。『砲弾はアメリカ軍が使うもので、ウクライナは関係ない』というロジックで押し切るのではないでしょうか。戦車、戦闘機、自走榴弾砲の輸出が好調な韓国は日本円で兆円単位の特需が生じると見る専門家もいます」(同・軍事ジャーナリスト)

デイリー新潮編集部