タレントのヒロミが20日、フジテレビ系「バイキング」で、AKB48の総選挙でいきなりの結婚を宣言し物議を醸した須藤凜々花について「バレなきゃいいといって付き合って、アイドルやってますは、プロアイドルじゃない」と持論を展開した。

 番組では、須藤が結婚宣言をして大騒ぎとなったAKB48の総選挙について出演者で議論。総選挙という場所での結婚宣言について、意見が飛び交った。

 その中でヒロミは、「昔はアイドルというのは周囲が言うことであって、アイドルじゃない、歌手ですと言っていた」と、昔は自ら“アイドル”と名乗ることは少なかったと指摘。その上で「今は『私はアイドルです』って言うプロアイドルじゃん」とコメント。「アイドルのルールが恋愛禁止ならば、ファンの人は恋愛しないでアイドルをやっているのを応援していると思う。だとしたらルールは守った方がいい」と、プロアイドルとしての自覚を訴えた。

 小籔千豊が「昔も恋愛禁止だったのでは?」と意見したが、ヒロミは「昔は暗黙のルールだった。この人達は(恋愛禁止を)公表しているルールなんでしょ」と、公にしていることが問題だとし、「バレなきゃいいと付き合って、それでアイドルやってますは、プロアイドルじゃない。そのルールの中でやって応援してもらってるんだから」と持論を展開していた。