不倫疑惑を報じられた「雨上がり決死隊」の宮迫博之が11日、金曜MCを務めるフジテレビ系「バイキング」に出演。9日発売の週刊文春で、2人の女性と計3回高級ホテルお泊まりが報じられたが、「寝てしまった」ので、「一線は越えていない」との主張を展開した。

 これに対し、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演したガダルカナル・タカは「やっぱり…これ見てると…アイツ、やったな!」と断言。スタジオ中が笑いに包まれた。

 タカの発言に、MCの宮根誠司は「寝てもうたんや」とフォロー。タカは笑いながら「(宮迫と)一緒に飲んだ時も、本当寝るんですよ。先輩と飲んでるんで、一生懸命頑張ってるんですけど、あんまり眠そうで、先にタクシー乗せて帰ったこともあります」と宮迫が「酒が深くなると寝てしまう」と主張していることを“裏付け”する証言も行い、「多分、寝てたと思います」と笑い。宮根も「そういうことにしときましょう!そうすれば丸く収まる」と話をまとめた。

 宮迫は3回のホテルお泊まりについて、それぞれの女性と「2人きり」だったことを認め、「僕がちょっと調子に乗っていたというか。もしかしたら、(セックス)できるかも、と。魔が差しまくったといいますか」「酒が深くなると寝てしまうので、寝る前に(女性としようと)頑張ってみたんですが、(女性に)お断りされて。結果、それが3回繰り返されて、結局3回フラれているという…」と釈明。「下心もあった?」と聞かれると、「そうです」と認めた。「向こうが断ってくれただけで、OKだったら一線を越えるキモチがあった、というのは、同罪。ただ一線は越えていない」と釈明した。