10日にデビュー6周年を迎えたKis−My−Ft2が13日、4年ぶりアリーナツアーの横浜アリーナ公演最終日を迎えた。

 ライブ中盤には7人がキャラクターにふんする企画に初挑戦した。「7人の違うキャラが渋滞している。いい意味でカオス」と語った北山宏光(30)が渋谷系ギャル男、玉森裕太(31)はバットマン風ヒーロースーツに変身。ふん装のまま客席に紛れる「かくれんぼ」で沸かせるなど、全26曲約2時間30分のライブでファン1万5000人を楽しませた。

 ツアーは27日の宮城公演が千秋楽で、デビューからのコンサート動員数が250万人を突破する。これまで4大ドームツアーは行っているものの、北山は「5大ドームと国立(競技場)に行ければ」と語り、SMAPや嵐が到達したグループとしてのさらなる高みを目指すとした。

 また、全国8人目の1級マグロ解体師試験合格者となった横尾渉(31)は、「皆さんの前で披露してメンバーにも食べてもらいたい」と次回のツアーからステージで解体ショーを行いたい意向を表明。メンバーも豪快な解体とおいしいマグロに期待していた。