歌手・藤井フミヤ(55)と藤井尚之(52)の兄弟ユニット「F−BLOOD」が17日、都内で、9年ぶりとなるツアー「POP’N’ROLL TOUR 2017」の初日公演を行った。

 福岡出身で、ソフトバンクの球団歌「勝利の空へ」を歌っているフミヤは「相手は広島ですかね」と、すでに日本シリーズが待ちきれない様子。「日本一になって欲しい。負けて飲む焼酎ってクソまずいんですよ。今年はおいしいお酒を飲みたい」と2年ぶりの日本一を熱望していた。

 ライブでは2400人のファンを前に、ニューアルバム「POP’N’ROLL」の収録曲「孤独のブラックダイヤモンド」など22曲を熱唱した。トークでは突然、兄弟で幼少時からパンツを共用していた話題から「パンツかぶり」に話が脱線。フミヤは「今、旬の話題だからさ」と、不倫相手の医師がパンツをかぶった写真が週刊誌に掲載された女優・斉藤由貴(51)のネタで笑わせた。