女優・黒柳徹子(84)とフリーアナウンサー・久米宏(73)が、17日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(午後8・57)で4年ぶりに共演することが分かった。

 かつて音楽番組「ザ・ベストテン」で司会コンビを組んだ当時の思い出などを披露する。

 久米は後にキャスターを務めたテレビ朝日系「ニュースステーション」の原点が、「−ベストテン」だったことを明かす。生放送の「ベストテン」は、若い世代の視聴者が多かったため、今社会で起きていることを伝えようと、曲紹介の合間に、時事問題や芸能、スポーツなど幅広いトークを展開し、黒柳が「ベストテンは情報番組ね」と話していたという。

 久米は、これが「ニュースステーション」での「中学生でも分かるニュース」のコンセプトにつながったことを明かした。

 司会の中居正広から、後番組の「報道ステーション」を見ていたかと問われると、久米は一瞬絶句。「辞めた当初は見られなかったが、古舘くんの放送を見て、辞めなければよかったという思いが湧いた」と告白。「73歳になった今でも、できたかもな…と思う時がある」と語った。