お笑いコンビ・品川庄司の品川祐が7日深夜にテレビ朝日系で放送された「アメトーーク」で、娘から手紙で「パパって嫌われてるの?」と質問され切ない表情を浮かべた。

 この日は「2017年反省会」と称し、品川庄司、ジャルジャルらが出演して今年1年の自身の活動などを反省した。そんな中、出演陣の家族からのメッセージも届けられた。

 品川には、長女の琥珀ちゃんが直筆の手紙を番組に寄せた。琥珀ちゃんは「パパへ。大好きだよ」「お仕事大変そうだけど、もっともっと頑張ってね」と思いやり溢れる手紙をつづったが、「最後に質問」と書き「パパって嫌われてるの?」と直球質問をぶつけた。

 これには品川も「やだ!やだ!」と娘には“嫌われている”とは思われたくないため、必死に否定。MCの雨上がり決死隊・蛍原徹も、あまりの直球質問に「マジで(書いてるの)?」と手紙をのぞき込むと、しっかりとしたためられていた。

 琥珀ちゃんは「ママに聞いても『そんなことないよ』って答えたけど本当?」ともつづり、「こはは、嫌われてるとは思わないよ、だいだいだいだい大好きだよ」などと泣かせる言葉で手紙を締めくくった。

 これには品川も苦しそうな表情。「やっぱりテレビ見るとパッとでるのね、嫌われ芸人とか…」と、嫌われてると思わせてしまう原因を説明。琥珀ちゃんはパパと手をつないだ絵も描いており、品川も思わず「やばい…」と落涙寸前。宮迫博之も「ありがとう、こはちゃん。パパ、嫌われてないよ」と呼びかけていた。