NHKは9日、大みそかに放送される「第69回NHK紅白歌合戦」の司会者を発表、紅組は女優の広瀬すず(20)、白組は嵐の櫻井翔(36)に決まった。総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良(54)と同局の桑子真帆アナウンサー(31)が務める。

 初めて紅白の司会を務める広瀬は「紅白という大きな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆様に、まずは、一番驚いています。本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです」と、驚きと戸惑いを隠せず。

 一方で「私に務まるのか、期待にお答えできるかまだ自信はありませんが、ご出演されるアーティストの方々と、そして内村さんと櫻井さんという、心強い先輩方とテレビで見ていたあの場所で、ご一緒させて頂けることを楽しみにしております」と、胸の高まりも明かしている。

 広瀬は連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」のヒロインを務めるとあって、「『朝ドラ、100作目だからね、頑張ってね』と言われたときと同じようなプレッシャーと責任を感じております。まだまだ実感が湧かない日々ですが、一生懸命頑張りたいと思っております。宜しくお願い致します」と、重責に立ち向かう気概を示していた。