元モーニング娘。のメンバーで歌手の新垣里沙(31)が、7月31日をもって所属のJ.P ROOMを退所したことが1日、分かった。同事務所が公式サイトで発表した。

 同サイトは「この度、弊社は2020年7月31日をもって新垣里沙との専属マネージメント契約が終了となりましたことをご報告させていただきます」とし、「2001年のオーディション合格よりモーニング娘。のメンバーとして加入して以来、約20年間アップフロントグループに在籍し活動してまいりましたが、今後の活動に関して本人と話し合いを重ねた結果、弊社との専属マネージメント契約を円満に終了する結論へと至りました」と説明。「新垣はこれからも大好きな演劇の道を邁進してまいります」と今後の道について明らかにした。

 また新垣も、自身のブログで報告。「20年間芸能活動をしていく中で、モーニング娘。という大好きなグループに加入して、走り続けた10年間。そしてソロ活動を始めてからは、役者として走り続けた10年間。芸能という道を走り続けている中で、30歳を過ぎたころ、自分の中でこれからの自分の在り方、生き方を考えるようになりました」と打ち明け、「その考えの中で、1人になって挑戦をやめず、頑張りたい。という気持ちが芽生えるようになり、数年かけ、じっくり考え、意志が固まった時に事務所の方にお話させていただき、このような運びとなりました」と、このたびの決断に至った経緯についてつづった。

 ファンにこれまでの感謝のメッセージを伝えるとともに、「これからも、皆さんをワクワクさせられるような、活動をしていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくおねがい致します!!!新たなる人生も色々あると思いますが、楽しんで、未来に向かって、また、今日から走り出します!!」と結んでいる。

 01年に5期メンバーとしてモー娘。に加入した新垣は、第7代リーダーを務めるなど中心メンバーとして活躍し、2012年に卒業。卒業後は、女優として舞台に多数出演するなど、活動の幅を広げていた。

 関係者によると、新垣は今後、フリーで活動していくものとみられる。