安田大サーカスのクロちゃん(44)の両親が13日、TBS系で放送された「水曜日のダウンタウン」にVTRで出演。幼いころから、金に対して「悪知恵」が働く子だった、と明かした。

 父・黒川香さん(72)と母・ミユキさん(73)は、クロちゃんが出ているテレビについて「一応全部チェックしてます」という。一方で、ミユキさんは「心が嫌になる時があります。ホントにおかしなことするでしょ、嘘ついたりとか。心が痛みます」と明かした。

 クロちゃんは昔からお金に対しての「悪知恵」はズバ抜けていたそうで、妹からお金を借りた後、どうしたら返さないで済むか、と悩みまくり、「お姉ちゃんにしてあげるから金くれ」などと「よう分からん」(香さん)ことを言っていたという。

 大学生の時には「髪の毛が生える治療に通いたいからお金送って」と連絡。両親は40万円ほど送ったが、実際に治療したかは「知らない。聞いてない。チョロまかすんがうまいんでしょうねえ」(ミユキさん)、「行ってないでしょ。ただ金だけ取られてる」(香さん)と諦め顔だった。

 クロちゃんといえば、30歳まで毎月15万円、2年前の42歳まで5万円を仕送りしてもらっていた話は有名。香さんは「お金を人(他人)から借りたりそんなことしちゃ絶対いけんよ」という思いだったことを明かした。

 スタジオのダウンタウンらは両親の愛情に感心。そこで最後にクロちゃんが登場し、「逆に親孝行ですからね。なるべく心配かけて、この子は私達がいないとダメだ、と思わせて長生きしてほしいな、と思って、あえて仕送りもらってました」とゲス発言。スタジオにはドン引き笑いが広がっていた。