神戸女学院大学名誉教授で思想家の内田樹氏が14日までにツイッターに投稿し、菅義偉首相が13日に会見した際、「国民皆保険」の見直しに言及したともとれる発言をしたことに「意味不明です」と疑問符を付けた。

 内田氏は「感染症は全住民が等しく良質な医療を受けられるシステムがなければ制御できません(それがないからアメリカは世界最多の感染者と死者を出し続けている)。『国民皆保険の見直し』というのは『金がないやつは病院に来ないようにすれば医療崩壊は起きない』ということなんでしょうか?意味不明です」とツイートした。

 菅首相は会見で医療法などの改正の可能性について問われ、「医療法について今のままで結果的にいいのかどうか。国民皆…皆保険。そして多くの皆さんが、その診察を受けられる今の仕組みを続けていく中で、まあ、今回のコロナがあって、まあ、そうしたことも含めてですね、もう一度検証していく必要があると思っています。それによって必要であればそこは改正していく」などと述べた。