俳優の佐野史郎(66)が「腎臓機能障害」のため緊急入院することになり、出演しているTBS系ドラマ「リコカツ」(金曜、後10・00)を降板することが4日、ドラマ公式サイトで発表された。第4話からの代役は平田満(67)が務める。作品は運命的な出会いをし“交際ゼロ日婚”をした夫婦の離婚から始まるラブストーリーで、佐野は主演の北川景子(34)の父親役を演じていた。

 佐野はコメントを発表し「このたび、思いもよらぬ腎臓機能障害の発見により、急遽、入院せざるをえない状況となり、水口武史役を続投することができなくなってしまいました。プロの俳優として恥ずかしい限りです」と断腸の思いを吐露。

 代役を引き受けた平田へは「大変ありがたく、うれしく、心より感謝いたしております。この先のみなさまとの現場でのやりとりを、心底楽しみにしておりましたが、これからの平田満さんに宿る武史は、きっと、もっと、愚直で、切なくなるんだろうな?なんて想像しています」と感謝を記した。

 さらに出演者やスタッフへの思いをつづり「ワタクシも、少しでも関わらせていただいた者として、快復に向けてご利益にあやかりたいと思っております。『リコカツ』、最後までお楽しみいただけますよう!!このたびは、大変申し訳ございませんでした!!」と謝罪の言葉でコメントを締めくくった。