タレントの熊田曜子が9日、日本テレビ系「今夜くらべてみました」に出演。「テレビに魂売ってます」として、平成時代はとにかく番組を盛り上げるためのセクシーアピールを欠かさなかった苦労話を披露し、スタジオを仰天させた。

 番組では「タフ過ぎる平成バラドル」として、熊田、眞鍋かをり、リサ・スティッグマイヤーが出演。今では考えられないテレビへ出続けるための努力を語った。

 熊田は、グラビアアイドル同士で「グラビア会議」を行っていたといい「このMCは谷間見せるとよくあててくれるよとか、今度この番組出るからとか」情報交換を欠かさなかったという。ちなみに「谷間を見せるとあててくれるMCは?」と聞かれ「さんまさんです」と即答し、スタジオを笑わせた。

 さらに「あとは(番組で)しゃべれなくても、CM前のジャンクションで自分の見せ場。喋りは無理だと思ったらそこに命をかける」と、CMに入る直前のアップで爪痕を残すといい、TBS系で行われる「オールスター感謝祭」では「♪デデデデーデデデが勝負。どこで赤いランプがつくか(探す)。200人いるから」と、CM前の音楽がかかると必死に赤ランプカメラを探し、セクシーアピール準備をするという。

 また、テレビに出るためには「血液型もうそをつく」とまで断言。「魂をテレビに売ってますよ。番組が盛り上がればいい」と言い切り、藤田ニコルらはビックリだ。

 そこまでするのか?という空気になったが、熊田は「出続けるのがバラドルにとっては大事。テレビは唯一無二」と熱い思い。「女優さんは作品が残るが、バラドルはテレビをつけて、(そこに)いないとダメ。だからこそ大変だけど出続けたい」とテレビ出演への執念を見せ「毎回オーディションだと思って出ている。一番気になるのはスタッフさんの評価」とまで語っていた。