【京都9R・クィーンチャーム】先週の皐月賞2着馬ペルシアンナイトの異父姉で、母はG1で4勝したゴールドアリュールの全妹という良血馬。ただ、初勝利に4戦、500万下勝ちに7戦を要し、ポンポンと勝ち進んできたわけではない。前走3着とはいえ、唯一凡走のない得意な阪神でのもの。(0、0、0、2)の京都に変わるのは歓迎ではない。

 【京都11R・レーヴムーン】前走の2着は信頼できない。3走前にも同じ舞台で2着がある中山巧者。小倉で2勝、中山で2着2回と、得意コースとそれ以外で成績にムラがあるタイプだ。京都は芝1400メートルの1戦だけで7着。イメージ的には得意とは思えない。差しタイプだけに開幕週の馬場も不安だ。