「ソフトバンク−楽天」(21日、ヤフオクドーム)

 楽天の捕手・嶋のタッチプレーを巡って、ソフトバンク・工藤監督がリプレー検証を要求し、審判団がビデオで確認したが判定は変わらなかった。

 ソフトバンクは0−3の六回2死から四球と今宮の内野安打などで満塁とし、内川の左前2点適時打で1点差。さらに2死満塁から松田の左前適時打で同点に追いついた。この時、二塁走者の内川も勝ち越し点を狙って本塁を突いたが、外野からの送球をホームベース後方で捕球した嶋は、内川の足がホームに届く前にタッチし、アウトが宣告された。

 このプレーを巡って、ソフトバンク側からはリプレー検証が求められ、審判団はビデオ室へ向かったが、その後にあらためてアウトをコールした。

 この間に楽天ベンチに引き揚げていた嶋は、アウトの再判定に、憤りの表情で「当たり前だろ」と口元が読み取れる言葉を発していた。