引退のあいさつ

 「まだシーズン途中ですが、今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました。応援して下さったファンの方に1日、1打席でも見ていただきたい。

 いまは1つでも多くの勝利と1つでも上の順位を目指し、チームの力となって全力を尽くしていきたい。そして、残りのシーズンでいままで以上の思い出を作っていけたらいいと思います。

 開幕前(の発表を)を考えていましたが、チームの状態がよく、いまじゃないと思いタイミングの発表を図っていた。交流戦が終わり、(引退が)起爆剤的なものになれば」。

 −引退を考えたのは?

 「昨年の契約更改で(球団に)あと1年だけやらせてもらいたいと話していた」

 −いままでの中で一番の思い出は?

 「いままだ残りゲームがある。頑張っていきたい。まだまだ…残りゲームの中でいい思い出があるかもしれない。振り返るのはすべてが終わってから」

 −メジャーの思い出は?

 「思い出は終わってからにします」

 −恩師は誰になるのか?

 「一番の恩師は(試合に出た時から)育てていただいた全員だと思います」

 −これまでやれた秘訣(ひけつ)は?

 「野球が周囲の人以上に好きだった。本当に素晴らしいファンの前でプレーできて、出せるものを出し切れたと思う」

 −若手へのアドバイスは?

 「あえて言わないことにします」

 −残りゲームで(ファンに)見せたいものは?

 「自分の中で右方向への打球にこだわってきた。右方向への、そういう当たりが1本でも出ればいい」

 −今後は?

 「全く考えていない。残りゲームをしっかりとやっていきたい」

 −練習前に仲間に伝えたようだが?

 「今年、ユニホームを脱ぐと伝えました。“よくここまで頑張った”と。(伊東)監督さんからは素晴らしい言葉をいただいた」

 −どんな言葉ですか?

 「秘密です」

 −(プロ人生での)こだわりは?

 「自分の中では野球をやっていく上で、(走攻守)三拍子そろった選手というのがあった」

 −ダイエー時代の監督だった王さん(現ソフトバンク名誉会長)には伝えたか?

 「開幕の時にお会いした時に『今シーズンを限りに引退させていただきます』と伝えさせていただきました」

 −どんな言葉が?

 「『目いっぱいやってくれと』言われました」

 −奥さんからは?

 「『最後までやりきって、頑張って』と。子どもからも『頑張って』と言われた」。