「函館記念・G3」(16日、函館)

 渋った馬場をモノともせず、5番人気のルミナスウォリアーが、早めの仕掛けから力強く抜け出して完勝。6歳にして重賞初タイトルを手にした。2着に14番人気のタマモベストプレイ、3着には7番人気のヤマカツライデンが入り、馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単はいずれも函館記念史上最高払戻金額に。今年も波乱の決着となった。

 発走1時間前までは大雨だったが、レース後は快晴に。函館の空がルミナスウォリアーの重賞初制覇を祝福しているようだった。

 小回りコースを意識した柴山の騎乗が光った。レースはヤマカツライデンがハナを主張し、ルミナスウォリアーは普段よりやや前の位置となる中団を追走。4角手前でスパートをかけて直線半ばで抜け出し、2着に1馬身半差をつけてVをつかんだ。

 殊勲の鞍上は「狭いところで窮屈な競馬をさせるよりは、伸び伸びと走らせたかった。強引な競馬になったが、強かったね」とレースを振り返る。自身は6月25日の函館11Rでスズカプリオールに騎乗した際、直線で内に斜行して9日間の騎乗停止処分を受けた。復帰週での重賞制覇に、「勝てて良かった」と満面の笑みを見せる。

 管理する和田郎師はオジュウチョウサンで障害重賞制覇はあるものの、平地重賞はこれが初勝利。「これからも勝てるように頑張りたい」と喜びをかみしめていた。

 「サマー2000シリーズ」において10ポイントを獲得し、ゼーヴィントと並び1位タイとなった。今後は新潟記念(9月3日・新潟)を視野に入れて調整し、シリーズ王者を目指す。「きょうは小回りコースで勝ったが、この馬にとって新潟は競馬のしやすい舞台なので」と指揮官は前を見据える。北の大地で伝統のハンデ戦を制した遅咲きの6歳馬が、さらなる高みへ向かって突き進む。