「名鉄杯」(16日、中京)

 オウケンワールド(牡5歳、栗東・西村)が好位からしぶとく伸びてV。4連勝でオープン特別を制した。「落ち着いていて、いつもよりもスタートが良かった。バテていても頑張る。負けない根性がある」とM・デムーロは満足げ。

 かつてはブリンカーで矯正するなど、気難しさのあった馬。西村師は「馬が変わりました。チャンピオンズC(12月3日・中京)は行かないとね」と期待を口にした。

 次走は阿蘇S(8月12日・小倉)などが候補に挙がっている。