「陸上・世界選手権」(10日・ロンドン競技場)

 男子200メートル準決勝が行われ、世界選手権で日本選手史上初めて100、200メートルの2種目で準決勝に進出したサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は20秒43(向かい風0・3メートル)で2組2位に入り、日本勢では03年の末続慎吾(3位)以来2人目となる決勝進出を決めた。18歳5カ月での決勝進出は、同種目ではあのウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する史上最年少記録となった。

 予選で失敗したスタートをしっかりと決め、一気に勢いにのったサニブラウン。大外の9レーンから、コーナーを抜けた時には堂々の先頭。1人には抜かれたが、ブレーク(ジャマイカ)らとの強豪との2位争いを必死の形相で制し、歴史に名を刻んだ。「ラッキーって感じですね。後半思ったより誰もこなかったので、このままいけるかなと思った」と、充実した表情で振り返り「ファイナルの実感は、いや〜、あまりないですね。タイムもタイムですし。でもここからしっかり、(決勝に)いっただけじゃなく、戦えるようにもう1段上げていきたい」と、決勝を見据えた。

 あのボルトを上回る最年少記録にも「あ、そうなんですか?」と、あっけらかん。「最年少で出たところで戦えないと意味はない」とキッパリと言い切り、「先頭争いに食い込んで、何とかメダルのラインに体をたたき込みたい」と、見据えた。