「陸上・世界選手権」(10日・ロンドン競技場)

 男子200メートル準決勝が行われ、世界選手権で日本選手史上初めて100、200メートルの2種目で準決勝に進出したサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は20秒43(向かい風0・3メートル)で2組2位に入り、日本勢では03年の末続慎吾(3位)以来2人目となる決勝進出を決めた。18歳5カ月での決勝進出は、同種目ではあのウサイン・ボルト(ジャマイカ)の18歳11カ月を更新する史上最年少記録となった。

 2着争いで競り勝ったのは、ロンドン五輪銀メダリストで、自己ベスト19秒26を誇るヨハン・ブレーク(ジャマイカ)。世界トップの強豪を競り落とした内容でのファイナル進出は、日本の陸上関係者にも衝撃を与えた。

 リオデジャネイロ五輪代表の飯塚翔太(ミズノ)は5位で敗退に終わった自身の準決勝後、取材ゾーンのモニターでレースを見て、「すげえ」と、声を上げた。「半端ないですね。刺激になった」と、興奮した様子で話した。選手団の監督を務める日本陸連の伊東浩司強化委員長は「大きく取り上げてあげてください。18歳がこの種目で世界の8番目になって、ブレークに勝った。それだけで素晴らしいこと」と、絶賛。「03年の末続とはまた違う意味がある」と、目を細めた。