「全国高校野球選手権・1回戦、聖光学院6−0おかやま山陽」(10日、甲子園球場)

 昨夏8強の聖光学院は先発の斎藤郁也投手(3年)が5安打無失点、12奪三振をマーク。今大会完封一番乗りで初戦突破を決めた。

 初回は先頭打者にいきなり二塁打とされ犠打で三塁進塁を許したが、3、4番を連続空振り三振に斬った。

 序盤はチェンジアップ、中盤以降はスライダーを低めに集め、八回を除くイニング全てで三振を奪うなど。12個の三振のうち、実に11個が空振りだった。

 12奪三振について「こんなに取れるとは思わなかった。良かったです」と話せば、初完封も「試合中意識はしてなかったです。自分の中で(最後まで)いけるなとは思っていました。味方が援護してくれました」と仲間に感謝していた。