「米男子ゴルフ・全米プロ選手権・第1日」(10日、クウェイルホローC=パー71)

 日本男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹(25)=LEXUS=が6バーディー、5ボギーの1アンダー、70で回った。

 10番からスタートし、いきなり連続バーディーを奪い、最高の滑り出しを見せた。前半インを3バーディー、2ボギーの1アンダーで終えたが、後半に入り3番から3連続ボギーなどで失速。それでも7番から残り3ホールを連続バーディーとして、1アンダーでホールアウト。見事な巻き返しで2日目につなげた。

 日本勢は他に池田勇太、谷原秀人、小平智が出場している。