「DeNA−阪神」(11日、横浜スタジアム)

 先発したDeNAの左腕、石田健大投手が、4回1/3を10安打7失点(自責6)で降板した。

 二回は、鳥谷に左中間に適時二塁打を浴びて先制点を献上。三回には中谷に左中間席に3ランを浴びた。その後も立ち直ることはできず、失点を重ねた。大事な2位・阪神との3連戦初戦を託されたエースが、想定外の乱調だった。

 石田は「テンポとコースに投げることを意識し過ぎて、逆に甘く入ってしまったと思います。打たれた後、頭の中を整理することができずに、腕を振って投げるというシンプルな考え方ができませんでした。配球や投球内容含め、しっかりと見直す必要があります」と話した。