「オリックス8−4楽天」(11日、京セラドーム大阪)

 楽天が敗れ、試合のなかったソフトバンクに首位の座を明け渡した。

 楽天は1点を追う三回、1死三塁から銀次の適時打で同点。なおも2死一塁からアマダーの適時打で1点を勝ち越した。先頭のオコエが、5試合連続安打となる左翼線二塁打を放ちチャンスメークした。

 しかし、オリックスは四回1死二、三塁から若月の右中間への2点適時二塁打で逆転。T−岡田の右前適時打、マレーロの左越え10号2ランでこの回5点を挙げた。

 楽天は六回無死二塁から聖沢の適時打で3点差に迫ったが、そこまで。

 先発した岸は6回を今季ワーストの6失点で5敗目(8勝)。

 オリックスは先発したディクソンが5回0/3を3失点で8勝目。

 好リードと逆転打の若月は「あんまり覚えていない。自分にできることをしっかりやっていきたい。後ろにいい打者がいるのでつなぐことを考えました」と白い歯を見せていた。