スルガ銀行チャンピオンシップ(8月15日・埼玉スタジアム)で浦和と対戦するブラジル・シャペコエンセのヴィニシウス・エウトロピオ監督とFWアルトゥールの2人が11日、来日した。

 7日にバルセロナと親善試合を行い、スペイン経由の来日だが、同監督は「フライトは快適だったよ」と長旅にも笑顔を見せた。シャペコエンセは昨年11月28日のチャーター機墜落事故で71人が犠牲となったクラブ。5日の浦和−大宮戦(埼玉)にはチーム関係者を派遣して情報収集を行うなど、本気モードで臨む。