DeNAのG.後藤武敏内野手(37)の出場選手登録が12日、8年に達し、国内FA権の資格取得条件を満たした。

 後藤は「長い月日がたちましたけど権利を獲得できて光栄です。一つの節目ですしうれしいです。取れないと思っていた。急に言われて僕もびっくりしています」と率直な心境を吐露した。権利行使については「今は自分のことで精いっぱいです。二の次です」と語るにとどめた。

 後藤は、1980年生まれの“松坂世代”。プロ15年目の今季は主に代打として出場。チームの精神的な支柱としても貢献している。通算では602試合に出場し、打率・255、52本塁打、181打点(8月11日現在)をマークしている。