「DeNA1−2阪神」(12日、横浜スタジアム)

 DeNAは拙攻が響いて2位・阪神に痛恨の逆転負けを喫した。 ターニングポイントは、同点に追いつかれた直後の八回1死二、三塁の場面。代打・荒波が空振り三振に倒れるなど無得点に終わった。チームは13安打を放ちながらも12残塁で、ラミレス監督は「それが全てだったと思います」と嘆いた。

 直接対決で虎に連敗を喫したのは、やはり痛い。今季の本拠地での阪神戦はなぜか、1勝7敗と大苦戦している。「こういう理由でわれわれが阪神に弱いです、横浜で勝てません、というのは分からない」と厳しい表情を浮かべた。

 虎とのゲーム差は4に広がった。指揮官は「あしたは、あした。今日の試合に関して何を言っても結果は変わらない。あしたに向けてしっかり準備する」と必死に前を向いた。同一カード3連敗だけは何が何でも避けなければならない。13日・阪神戦に向けて気持ちを切り替え、仕切り直すしかない。