「プロレス・新日本」(12日、両国国技館)

 真夏のシングルリーグ戦「G1クライマックス」Bブロックで勝ち点が2位のケニー・オメガがブロック最終戦で1位のオカダ・カズチカを破り、13日の優勝決定戦に進出した。両者の対戦は1月4日に46分超の死闘の末にオカダが勝利。6月11日は60分時間切れ引き分け。今回の試合時間30分は短いと考えたのか、開始から両者ともエンジン全開だった。

 オメガはオカダの痛めている首に猛攻を加え、ドクターチェックが入るほどのダメージを与える。レインメーカー連発などオカダの猛反撃も受けたが、最後は首の痛みに苦しむオカダを片翼の天使で葬った。

 決戦の相手は前回大会で激闘をくり広げた内藤哲也。2連覇に王手をかけたオメガは「お前は強いしセクシーだけど、一つ問題がある。それはオレに劣るというところ。必ず勝って、外国人として最初のG1複数優勝を成し遂げる」と宣言した。