「新馬戦」(12日、小倉)

 先行集団を前に見ながらレースを進めた3番人気のヒロシゲゴールド(牡2歳、父サウスヴィグラス、母エフテーストライク、栗東・北出)が、直線でしっかりと伸びて初陣を飾った。

 「トモの緩さは感じますが、それでもしまいは、いい脚を使ってくれました。これから良くなってきそうです」と幸。北出師は「道中、少し忙しかったので1400メートルぐらいが良さそう」と話した。次走は未定。