「オリックス−楽天」(13日、京セラドーム大阪)

 楽天は一回、1死一、三塁からウィーラーの左犠飛で1点を先制した。ウィーラーは「初回のチャンス、ランナーをかえすことだけを考えていたよ。最低限の仕事はできたかな」とコメントした。

 三回に伊藤のソロ本塁打で同点とされたが、その直後の四回、島内が左翼ポール際へ2ランを放ち、勝ち越した。