「全国高校野球選手権・2回戦、明豊7−6坂井」(13日、甲子園球場)

 明豊(大分)が坂井(福井)との接戦を制して3回戦に進出した。3番・左翼の浜田太貴外野手(2年)が八回の決勝2ランと2本の適時打で3安打4打点と勝利に貢献した。

 明豊は浜田の適時二塁打で1点を先行したが、五回の守備で2死二塁からの失策で同点にされてしまう。五回には再び浜田に適時二塁打が出て勝ち越しに成功。この回3点を奪ってリードを広げたが、六回に再び追いつかれてしまう。

 リードを奪っては追いつかれる展開で、八回の守備では2死二、三塁から悪送球が出て2失点。初めてリードを奪われた。

 だが、直後に集中力を見せた。八回裏の攻撃、四球で出た走者を三村が適時二塁打でかえすと、2死二塁から浜田の左越え2ランで勝利をもぎ取った。浜田は「当たった瞬間、上がって、行け!と思いました。うれしかったです」と、はにかみながら殊勲の一打を振り返った。

 なお、校歌の作曲ををミュージシャンの南こうせつが手がけたことでも知られている。

 坂井は初出場ながら、2度リードを許しながらも食らいつき、初白星まであと1歩のところまでこぎつけたが、及ばなかった。