「広島−巨人」(13日、マツダスタジアム)

 巨人、ケーシー・マギー内野手が0−4の六回に適時打を放ち、1点を返した。

 五回まで相手先発・岡田に2安打無得点と封じられてきたが、六回。先頭の陽岱鋼が右前打を放つと、右翼・鈴木の後逸で三塁まで到達。無死三塁でマギーが岡田の直球を中前にはじき返し、反撃への1点を奪った。

 また、通算2000安打まで残り1本でこの試合に臨んでいる阿部は七回まで2打数無安打としている。