「DeNA8−2阪神」(13日、横浜スタジアム)

 DeNAが連敗を2で止めた。0−1の二回に倉本の右中間2点二塁打で逆転、桑原の適時二塁打でこの回3点を奪った。四回は柴田の左前適時打と筒香の2試合連続本塁打となる左越え18号2ランで3点を追加。六回も筒香の2打席連続の中越え19号2ランでリードを広げた。

 先発・浜口は6回5安打1失点で7勝目(4敗)を挙げた。

 阪神は連勝が2で止まった。プロ初先発の松田は2回4安打3失点で2敗目(1勝)。二回に大和の中犠飛で1点を先制したが逆転された。九回は代打・西岡の適時内野安打で1点。