「ロッテ3−6西武」(13日、ZOZOマリンスタジアム)

 3位・西武が2連勝でカード勝ち越し。二回に炭谷の左中間適時二塁打で1点を先制。六回は浅村の右犠飛で2点目。2−3の九回は栗山の右犠飛で同点とし、炭谷の左前適時打で再逆転。金子侑の左線適時二塁打などでこの回4点を奪った。

 先発・ファイフは六回途中6安打3失点。

 先制&決勝打の炭谷は、首位・ソフトバンクと2位・楽天の上位2チームがデーゲームで勝利したことを振られると、「あまり結果は見ないようにして、ライオンズは1戦1戦しっかり勝っていくというだけなので勝てて良かった」とキッパリ。二回は1死から三塁打で出た前打者・外崎を返す先制二塁打。「なんとか自分もつないでいこうと思った結果ヒットになって良かった」と振り返った。

 九回は逆転打を放ち、「浅村がヘッドスライディングして栗山さんの犠牲フライで追いつき、みんながつないでくれた中で、自分もつなぎたいと思い逆転できて良かった。(代走の)木村文もよく走ってくれた。上との差はあるんで1戦1戦勝ちにこだわっていきたい」とフォア・ザ・チームを前面に出して喜びを表した。