「プロレス・スターダム」(13日、後楽園ホール)

 元アイドルレスラーの中野たむが、スターダム初戦を白星で飾り、同団体の頂点の座を決める「5★STAR GP 2017」への出場権をゲットした。

 6月15日の新木場1stRING大会を最後に、所属していたBeginningアクトレスガールズを退団し、フリーとなったたむは、7月16日のスターダム・後楽園ホール大会で参戦を直訴した。勧誘を受けたヒールユニット大江戸隊から課された、Growthの26日・新木場大会(GPSプロモーション主催)でのバイパーとのテストマッチを経て、この日、スターダムマットでの初戦を迎えた。

 同団体デビュー戦の相手は刀羅ナツコで、この一戦には、19日に新木場で開幕する最強決定リーグ戦「5★STAR GP」ブルースターズ枠の出場権が懸けられた。試合は一進一退の攻防が続いたが、得意のキックで攻め立てたたむが、必殺のダイビングセントーンを見舞うも、刀羅は意地でカウント2でクリア。ならばと、たむはキック4連打から、バックスピンキック2連発を叩き込んで3カウントを奪った。

 初戦で見事に「5★STAR GP」への出場権を奪取したたむは、「楽しかった。夢に見たリングが現実になって…。入場口に入った瞬間から宇宙にいるみたいで…。人生のなかで、いろいろあきらめてたことが多かったけど、この1、2カ月ですごく変わって…全部拾っていきたいと思う。あこがれのリングを踏むことができて、今日がスタート。『5★STAR』では、闘うのが楽しみ。優勝とは言わないけど、全勝を目指します」と意欲を見せた。

 「5★STAR GP」ブルースターズ枠では、同団体のエースである紫雷イオと同ブロックになるが、「スターダムにセコンドに行ったときに見て、すごい衝撃を受けて、ずっと『闘いたい。こういう選手になりたい』と思ってた。あこがれてきた人。その試合でもいろんなものを拾いたい」とコメントした。

 また、試合後にはたむを勧誘している大江戸隊の花月が現れ、握手を求めたものの、たむはそれを拒否。依然迷える、その胸中が浮き彫りになった。