「プロレス・スターダム」(13日、東京・後楽園ホール)

 頸椎(けいつい)ヘルニアで欠場していた紫雷イオが53日ぶりに復帰。自身が率いるクイーンズクエスト(QQ)のバイパー、HZKと組んでアーティスト・オブ・スターダム王者の松本浩代、米山香織、ジャングル叫女組に挑戦し王座奪取に成功した。

 試合は終盤、QQが叫女を捕らえ、イオがトペスイシーダ、ムーンサルトプレスをたたみ掛けると、最後はHZKがアトミックボムズアウェーで爆殺。復帰戦で即王座を手にしたイオは「最高の気分です。この痛み、この感動、この興奮、やっと帰って来れました」と喜びをかみしめた。

 この日は、ロングだった髪を切って、「4、5年ぶり」というセミロングにして登場。「毛先が傷んできたので、痛んだ毛先を切って、痛んだ自分とサヨナラしました」と、心機一転の気持ちを口にした。

 また、メインイベントはワールド・オブ・スターダム王者の岩谷麻優が花月を下して2度目の防衛に成功。その直後、19日に開幕するシングルリーグ戦「5★STAR GP」の出場選手が続々と現れてアピール合戦を展開。イオも優勝して岩谷に挑戦することを宣言した。