「ACL・準々決勝・第2戦、浦和4−1川崎」(13日、埼玉スタジアム2002)

 川崎はまさかの大逆転負けで、クラブ史上初の4強進出は幻となった。

 ホームの第1戦を3−1で勝利して迎えたアウェーの第2戦。1−1で迎えた前半38分のDF車屋の1発退場から徐々に主導権を握られる。防戦一方になった後半に3点を奪われ、2戦合計4−5で敗退が決まった。

 鬼木監督は「退場の後、選手はよく頑張った。僕の方でゲームをコントロールできなかった。守る部分が多くなり、攻撃面で圧力をかけられなかった、アウェーゴールを奪うことにもパワーを注ぐべきだった」と話した。

 FW小林主将は「先制して優位に運べたと思ったんですが。力が足りなかったと思います」と悔やんだ。